なぜ人は働くのか?何の為に働くのか?

なぜ人は働くのか?何の為に働くのか?

こんにちは、室町諭です。

 

朝の目覚しで目を覚まし、なんとなく仕事に行き、

忙しく働いて一日が終わる。

 

あなたはそんな毎日を過ごしていませんか?

あなたは何の為に働いていますか?

 

生活のため?お金の為?それだけじゃない?

いろいろあるとは思います。

今回は「人はなぜ働くのか?」について考えてみたいと思います。

ちょっと哲学的になりがちですが、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

なぜ人は働くのか?何の為に働くのか?

 

働くのはお金の為だけ?

 

 

働くのはお金の為と多くの人は思っているのではないでしょうか?

 

実際に所得が低ければ低いほど、生活費などのお金に追われて、

その為に働かざるを得ないという状況が続くので、

よりいっそう、働く=お金という考えになるとは思います。

 

会社員などで仕事をしている人は、実際に働いていたり、

働く為に動いている時間(例えば、朝の用意や通勤時間など)を含めると、

1日のうちで働いている時間が一番多くなるはずです。

平均的に想像すると10時間ぐらいは「仕事」で使っているのではないでしょうか?

そうすると、1日24時間ですから、10時間は仕事、7時間寝ると考えると、

あと7時間しか自由に使える時間は残ってないことになります。

 

お金の為だけに10時間も使うとすると、

「仕方がない」と考えるのかもしれませんが、何か勿体ない気がしますよね。

 

働くために働く人

 

最初から好きなことを仕事に出来ている人も中にはいますよね。

また働くこと自体が好きな人や、自分の仕事が趣味になっている人。

そういう人は働くこと自体が「生きがい」になっています。

1日10時間と言わず、もっと働いていたいのではないでしょうか?

 

こちらの記事も参考にしてください↓

仕事とプライベートを両立させる方法!充実した日々を送るコツ

 

なぜ人は働くのか?何の為に働くのか?

 

お金持ちが働くことを止めない理由

 

 

ウェブライターをやっていると不労所得なるものを手に入れて

仕事をしなくても収入が入ってくる人もいます。

他の職業でもいわゆる「成功者」と呼ばれている人は、

あまり働かなくても生活していけます。

 

だけど、そんな「成功者」ほど、よく働いているのは事実です。

傍から見ると「もうお金持ちになったんだから、そんなに働かなくてもいいのに」

「もっと、自由に遊んでもいいのに」とも思えるのですが、

当事者は、お金持ちじゃなかった時代と同じように働く人もいます。

 

その人たちは「働く」ということに何を見ているのでしょうか?

何の為に働くのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

働くということ

 

お金の面から考えると、お金持ちで働かなくてもいいような人でも、

なぜか一生懸命に働いています。

その人たちは働くことでお金以外の「幸せ」を

感じているのではないでしょうか?

 

人の幸せとは何でしょうか?

人の役に立つこと、家族の役に立つこと、他人から認められること、

自分へのご褒美、達成感、

これらはお金には代え難い「幸せ」だと思います。

 

もちろん、「幸せ」になる為には「お金」も必要です。

でもお金は「手段」であって、「目的」「ゴール」ではありません。

 

人としての「幸せ」が働くことで得ることが出来るのなら、

明日からの仕事、もう少し頑張れそうですね^^

 

なぜ人は働くのか?何の為に働くのか?

 

おまけ。転職を成功させたい人へ

 

 

転職のことで、「今の会社で3年は我慢しなきゃダメだ」

という人もよくいますが、それは間違いです。

大事なのは、勤めた年数ではありませんし、

今の状態のまま我慢しているだけではダメです。

 

転職して今よりいい条件やいい会社に入って、

尚且つ次の仕事で上手くやろうと思ったら、

今の仕事で何かを極めることです。

 

今の仕事で自分の得意なことを見つけてやり尽くし、

「もうこれ以上この会社ではやることがない」という状態になったら、

転職するのもいいでしょう。

そうなったら、次の会社に”あなたの強み”を売り込むことが出来ます。

 

”強み”がないのなら、今よりいい条件ではなかなか転職できませんし、

転職した後で後悔することになるかもしれません。

 

転職を考えている人は参考にしてください↓

いつか会社を辞めたいあなたへ。今の仕事を通して得られることは役に立つ?

 

 

室町諭