仕事をしない社員はどうして生まれるのか?その理由と3つの対応方法

仕事をしない社員はどうして生まれるのか?その理由と3つの対応方法

こんにちは。室町諭です。

 

今、この記事を読んでくれているあなた。

そう、あなたのことです。

 

こんな疑問を感じたことはありませんか?

「なぜ、他の人と同じようにちゃんと働かない人がいるのだろう?」

 

何処の職場にも、真面目に働かない人はいます。

でも、真面目に働かない理由もあったりするのです。

 

今回は、「仕事をしない社員が生まれる原因」と、

「どうしたら仕事をしようという前向きな考えになってもらえるのか?」

という事について書いていきます。

 

会社を経営している人は参考にしてください。

同じ職場に不真面目な人がいる人も参考にしてください。

 

そうです。

全ての人にとって参考になると思います。

 

是非、最後までお読み下さい。

スポンサーリンク



仕事をしない社員はどうして生まれるのか?

その理由と3つの対応方法

 

仕事をしない社員の特徴

 

1.仕事の能力が今の自分のポジションに必要とされる能力に追い付いていない。

単純に仕事の能力不足です。時間の管理ができない、顧客管理や案件管理ができない、

仕事の優先順位が分かっていない、処理能力がない。などです。

管理職の人も部下に指示を出せない、部下の意見を聞かない、

自分一人で仕事を抱え込み部下に任せない、など管理能力に欠ける人もいます。

 

2.社会人としての意識が不足している

平気で遅刻をする、敬語が使えないなど、いつまでも学生気分の人もいます。

 

3.同じミスを繰り返す

同じミスを繰り返す人がいます。これもある意味、社会人としての意識の欠如ですね。

「学習」をしない人です。そういう人はミスをするとミスしたことを隠そうとします。

でも言っておきます。

会社や社会の中で上手く立ち回って渡っていこうとしても無理です。

ほとんどの人はそんなにずる賢く悪人ではありません。必ずバレます。

むしろ会社で先輩に自分自身をさらけ出して、ミスしたことを認めて、

「すみません、次からは気を付けます」と素直に謝るほうがいいです。

そういう姿勢から人間は成長するのです。

 

4.人間性や性格に問題がある

ネガティブな性格、他人のせいにしたり責任回避が激しい、被害者妄想、

など、性格的に問題がある人は前向きに仕事をすることが困難なことが多いです。

 

仕事をしない社員はどうして生まれるのか?

その理由と3つの対応方法

 

仕事をしなくなった理由

 

1.会社が社員を育てていない

人間は弱い生き物です。辛い方法と楽な方法があれば、楽な方法を選びます。

上司や教育係が教育しなければ、社員は自分から勉強しようとはしません。

楽して給料がもらえるなら、こんないいことはありませんよね。

もちろん中には、自分から進んで勉強しようという志の高い人もいるのも事実です。

 

2.会社が個人の能力を把握できていない

会社が個人の能力を把握し、成果を正当に評価することで、

社員は「ちゃんと自分を認めてもらっている」と思い、モチベーションが上がります。

会社が社員の能力を把握できていないと、

配置ミスや成果が上がらないということが起こります。

 

3.待遇、職場の環境が悪い

過度の時間外労働、給料面、人間関係などが悪いと仕事のモチベーションが下がります。

 

4.会社に魅力がない、働き甲斐がない

業績不振などにより会社の将来に不安があったり、

働いても評価されないと、社員は働き甲斐がないと思ってしまいます。

会社の将来のビジョンが見えてこそ、働き甲斐がある会社になります。

スポンサーリンク




仕事をしない社員はどうして生まれるのか?

その理由と3つの対応方法

 

3つの対策

 

1.人材育成システムを作る

会社で一番大切にしなければいけないのは、売れる商品や業績ではありません。

売れる商品や業績は全て社員が作っています。つまり一番大切なのは社員です。

もっと言えば、社員を育成するということは、会社を育成するということです。

社員の育成なくして、会社の発展はあり得ません。

 

2.社員に毎週改善提案を出させる

今の会社の現状をよく分かっているのは社員です。

仕事の現場に常に接している社員の声を聴くことは大切なことです。

もちろん、経営上実現できないことや、中にはとんでもない意見もあるでしょう。

それらの声にちゃんと返事をしましょう。

そうすることで、社員自身に「実際に会社に参加している」という意識が生まれます。

1.すぐに実行すること

(いつから誰がどうやって実行するか出来るだけ具体的に返事をする)

2.実行へ向けて努力すること

3.今は実現不可能なこと

に分けて、できないのなら、できない理由を説明しましょう。

 

3.待遇、職場の環境の整備

残業などの時間管理、分かりやすい評価制度、適材適所、など職場環境を整えましょう。

それにより、社員のモチベーチョンも上がります。

 

仕事をしない社員はどうして生まれるのか?

その理由と3つの対応方法

 

まとめ

 

1.人材育成システムを作る

2.社員に毎週改善提案を出させる

3.待遇、職場の環境の整備

 

人間性や性格に問題のある社員もいるとは思いますが、

ほとんどの社員は入社した時には、

未来の自分と会社に期待で胸を膨らませて入ってきたと思います。

そんな社員をダメにするのは会社、つまり社長です。

社長自らが努力し能力を高めようとする姿を見て、社員は社長についていこうと思います。

 

社員は社長の鏡です。

ダメ社員がいる会社は社長もダメ社長です。

いい社員がいる会社は社長もいい社長です。

そのことを意識して日々、社長も社員も自分を磨いていきましょう。

 

 

室町諭

 

スポンサーリンク