いつか会社を辞めたいあなたへ。今の仕事を通して得られることは役に立つ?

いつか会社を辞めたいあなたへ。今の仕事を通して得られることは役に立つ?

こんにちは、室町諭です。

 

 

世の中で自分の好きな仕事に就けている人はどれだけいるでしょうか?

これはぼくの感想ですが、自分がやりたい仕事ではない仕事を

している人も多いのではないでしょうか?

 

自分の好きな仕事自体が分からない、

見つけられていないという人も中にはいますよね。

そんな状況でも、食べていくためには働かなければいけません。

 

 

つまり、よっぽど親の資産なんかがない限り、

もしくは専業主婦(主夫)でもない限り、

大抵の人は何らかの仕事をしないと食べていけません。

正に「働かざる者食うべからず」ですよね^^

 

 

ここで、ちょっと質問ですが…

あなたは一度でも、「いつかは会社を辞めてやる!」と思ったことはありませんか?

ちなみにぼくは、会社員だった頃ほぼ毎日思っていました^^

 

「自己実現」や「なりたい自分になる」みたいな自己啓発的な言葉をどこかで耳にすると、

自分もやれるのでは?…金持ちになれるのでは?…なんて夢見たりしますよね。

 

 

世の中には「自己実現」をしている人はもちろんいますが、

「自己実現」を成し遂げた人は自分のキャリアを積む上で、

その過程を適当にすごしていたわけではありません。

必ず「経験」を自分の糧にしています。

 

今の自分、もっと言えば今している仕事のキャリアの延長上に

将来の「自己実現」や「なりたい自分になる」ということがあるのです。

たとえ今の仕事と将来の「自己実現」の仕事が全く違ったものだとしてもです。

 

これはぼくの個人的な意見ですが、経験に無駄な経験はありません。

全てが将来の自分を形成するのです。

 

 

つまり、今仕事をさぼれば、

「なりたい自分になる」ための仕事をする時も、あなたはきっとさぼります。

家の玄関で靴を脱ぎっぱなしで靴を揃えない子供は、

よそへ行っても玄関で脱ぎっぱなしにするのと同じようなものです。

 

これは、「しつけ」のようなもので、今のうちに自分自身をしつけておかないと

いざという時に行動できなくなります。

 

 

ということで、今回は「仕事を通して得られること」についてお話しします。

将来会社を辞めて独立起業するか、今の会社に居続けるか、

どちらにしても、将来の自分を作る上でベースになることですので、

最後まで読んで参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

いつか会社を辞めたいあなたへ

今の仕事を通して得られることは役に立つ?

 

仕事を通して得られること

 

1.人脈や人間関係

 

仕事も会社も「人」から始まって「人」によって発展していきます。

全ては、人脈や人間関係も含めた「人」です。

「人こそ宝」「社員こそ宝」と考える経営者は会社を成長させられます。

(もちろんそれだけでなダメですが…)

 

会社員でも人間関係や人脈は大切です。

今と将来の自分の為に「人とのいい繋がり」を作っておきましょう。

きっと自分の財産になるはずです。

 

2.お金

 

 

会社員になると

「働いたんだから給料をもらうのは当たり前」

「社員だから少々さぼっても給料をもらうのは当たり前」

と思う人もいるかもしれませんが、

 

あなたが労働を提供することで会社もしくはその団体に何らかの利益が生じて、

それに対する対価として給料(お金)が支払われるのです。

これは、ほとんどの業種で同じことが言えます。

 

これも「当たり前のことやん!難しく言いたいだけと違う?」と思うかもしれませんね^^;

ぼくが言いたいことは「給料(お金)は価値の交換」ということです。

つまり、あなたの給料はあなたの労働の価値がお金という価値に代わっているだけなのです。

もっと言えば、あなたの労働に価値がなければ、

もしくは将来価値が無くなれば、その対価の給料は普通は発生しません。

 

これが「仕事」と「お金」の絶対的な関係です。

 

なので、「社員だから、さぼりまくっても給料は変わらないからさぼってやる!」

なんて思わないほうがいいです。

あなたが「自己実現」やキャリア形成を意識しているのなら

そんなことを思うわけありませんよね。

 

もし、さぼっている社員にしっかり仕事をしている社員と

同じだけ給料を払っている会社があったとしたら、

その会社はよっぽどお人よしの会社か、大金持ちの会社でしょう。

そうでなければ、その会社の将来は危ないかもしれません。

だって、労働の価値は発生してないですから…^^;

 

「お金=価値」の考え方は今後のキャリアにおいて

常に持っておいた方がいい考え方です。

自分が何か物を買う時も、その商品に決められた値段を払う価値があるのかを

考える癖をつけるとお金だけではなく物の価値感を磨くことができます。

 

 

スポンサーリンク



 

3.達成感、自分の成長

 

どんな仕事でも何らかの目標を達成した時の達成感や

仕事を終えた時の充実感は味わえるはずです。

それは大きなものではなく日々のささやかな成功でもいいのです。

 

そういった成功体験で自信を持てるようになり、

次のステップへと踏み出せるようになっていきます。

 

達成感や成功体験は仕事を続けるうえで、モチベーションを保つのに

必要不可欠なことです。これがなければ、

出口が見えないトンネルの中を歩き続けているのと同じようなことになってしまいます。

人は何かをクリアしないと次に進めないのです。

 

4.社会貢献、感謝されることによる満足感

 

最初に仕事を選ぶ前から、社会貢献や感謝せれることが幸せだ

と思って仕事をする人は人として立派な人ですよね。

ぼくはそういう人を心から尊敬しますし、自分もそうなりたいとは思います。

 

だけど、ぼくはまず最初に私利私欲が優先されてしまって、

誰かから感謝されてその結果としてお金を頂けるのなら嬉しいなと思ってしまいます。

 

でもこれはいけないことだとは思いません。

何らかの「価値」を提供することによって、

それが本当に価値のある物だから喜んでもらえて、

その感謝の対価としてお金を頂いているのです。

 

それでも感謝しきれないのか、中には

「あなたでよかった。本当にありがとう。次も頼みます」

なんて言っていただける人もいます。本当にありがたいことです。

逆にこちらが、「ありがとうございます。誠心誠意頑張ります」

という感謝の念でいっぱいになります。

 

そういうことも「やりがい」につながっていきますし、

小さな?…

決して小さくない成功体験になります。

 

 

 

いつか会社を辞めたいあなたへ

今の仕事を通して得られることは役に立つ?

 

 

まとめ

 

1.人脈や人間関係
2.お金
3.達成感、自分の成長
4.社会貢献、感謝せれることによる満足感

 

「人生の計画」に固執しないことが大切

 

 

どんな仕事をしていても、働くことによって今まで経験したことがない経験ができます。

もちろん辛いことや挫折したりすることもありますが、

何かの目標を達成した時などは、やりがいや達成感が持てるようになったり、

物事に対する考え方や価値観を変化させ、自分を成長させてくれることになります。

 

 

全ては無駄ではなく、未来の自分を作るパーツになるのです。

 

 

もしあなたが、「いつかこんな会社辞めてやる!」と思っていたとしても、

あなた自身が吸収力のあるスポンジのように、

「今」の経験をより多く吸収することが、未来の自分のためになります。

 

現在の仕事にいつまでも固執する必要はありませんが、

キャリア形成の上では「仕事の経験と人脈形成」は大切にするべきです。

 

 

そして、未来を見据えてそれに向かって着実に動くことです。

「夢」を見ているだけでは「夢」は現実になりません。

行動計画を立てたら即!動く!だけです。

 

以上、キャリア形成や自己実現に必要なことや仕事を通して得られること

についてお話ししました。

 

 

なりたい自分になる方法が知りたい人はこちらの記事を参考にしてください↓

夢を叶える手帳の書き方「なりたい自分」になる方法

 

なりたい自分が分からない人は↓

なりたい自分がわからない!なりたい自分を見つける5つの方法

 

 

室町諭