成功する人としない人の違いは何?世の中の「一握り」に入る方法!

成功する人としない人の違いは何?世の中の「一握り」に入る方法!

こんにちは、室町諭です。

 

ビジネスじゃなくても、誰だって人生では成功したいですよね^^

何をもって成功とするかは人それぞれなので、それは別として、

自分の希望は叶えたいものです。

 

でも世の中で俗に言う「成功している人」と言われる人は、

ほんの一握りしかいないのが現実です。

 

そこで質問ですが、

あなたは、その「ほんの一握り」に入りたくはありませんか?

こんなことを言ったら、なんだか怪しい勧誘みたいに聞こえますね。^^;

でも、勧誘ではありませんので、安心してください^^

 

あなたはひょっとしたら、

「どうせ成功するには、才能が必要なんだろ」なんて思っていませんか?

 

成功者の中にはその道に秀でた人ももちろんいますが、

多くの成功者は、最初から何か特別な才能があったわけではありません。

みんな目標達成を目指す中で、失敗や挫折を味わい、

その中から学んで才能、言いかえればスキルを身につけていったのです。

 

それでもあえて成功者に才能があったとして、

その才能に名前を付けるとすると、

「成功する才能」といったようなものでしょうか?

 

この記事では、成功するの人とそうではない人の違いについてのお話を通して、

「成功する才能」はどうしたら取得できるのか?

についてお話しします。

 

あなたも「ほんの一握り」の成功者と同じ行動をとったら、

仲間入りができるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 

成功する人としない人の違いは何?

世の中の「一握り」に入る方法!

 

 

同じことを学んでも結果に差が出る

 

ビジネスをしていると、

何処かのセミナーや書物などから、同じことを学んでいても、

それを結果として出せる人と、

頑張って勉強はするけれど、なかなか結果が出せない人がいます。

 

みんなそれぞれ真剣に取り組んでいるのに不思議ですよね。

この両者にはどのような差があるのでしょうか?

 

実はそれが、成功できる人とできない人との違いなのです。

 

 

成功する人としない人の違いは何?

世の中の「一握り」に入る方法!

 

成功できない人(結果が出ない人)の特徴

 

1.すぐに行動できない

 

成功できない人は、何か新しいことを聞くと、

「これはいい方法かもしれない、誰かに相談してみよう」

「いい事を聞いたので、他のサイトの評判を調べてみよう」

などと思い、すぐに行動に移しません。

 

一見すると、慎重で失敗が少なくなりそうで、いいようにも見えるのですが、

 

人に意見を聞いたり、調べているうちに新しい知識が入ってきたりするので、

また、その新しい知識を調べたりして、

肝心なことがどんどん後回しになっていく傾向があります。

 

そして結局、時間がかかり過ぎて、なかなか成果に結び付かなかったり、

最悪は、行動することを諦めてしまうこともあります。

 

2.ちゃんとやろうとしすぎる

 

誰でも仕事は失敗しないで、ちゃんとやりたいものですよね。

なので、できるだけ失敗しないように

予めいろいろ調べたりして下準備をしてしまいます。

 

それが度が過ぎると、

できるだけ知識を詰め込んでから始めると失敗しないんじゃないか?

と思い、安心するためかもしれませんが、調べまくる人もいます。

ノウハウコレクターと呼ばれる人です。

 

でも、いくら知識を詰め込んでも、お金にはなりません。

気が付けば、成功する人は、

あなたの前方、はるか彼方を歩いているのです。

 

 

スポンサーリンク



 

成功する人としない人の違いは何?

世の中の「一握り」に入る方法!

 

成功できる人(結果を直ぐに出せる人)の特徴

 

 

1.すぐに行動する

 

成功できる人はすぐに行動できる人です。

なにかいいアイデアを聞くと、それをすぐに行動に移します。

 

今まで気付かなかった自分の短所が発見出来たり、

仕事でも簡単にできると思っていたことが、意外と困難だったり、

何事もやってみないと分からないことがあるものです。

 

ただ、すぐに行動すると、失敗するリスクも大きいと思いますよね。

だけど、すぐに行動する、しないにかかわらず、

いずれ失敗はするものです。

失敗するからこそ、そこから学ぶこともあるのです。

 

成功する人は、「失敗」は「学び」と考えます。

「ただやり方を間違えたから、うまくいかなかっただけのこと」

成功するまでやり続ければいいだけなのです。

 

2.完璧を求めない

 

成功する人は最初から「完璧」は求めません。

完璧な仕事、完璧な行動なんて、誰一人最初からできるわけありません。

 

たぶん、天才でも無理です^^

あの有名なエジソンや他の天才と呼ばれる科学者でも、

何回も実験を失敗しています。

壁にブチ当たりながら学習し、なんとか難所を乗り越えて、

いずれ成果にたどり着くのです。

 

3.目的志向

 

成果を出す人は、目的志向です。

なにか目的をきめて、それを達成することを最優先に考えます。

 

したがって、知識を習得したり、

目的を達成するためにする行動は「手段」でしかありません。

 

なので、例えば何かを勉強するとすると、

目的を達成するための知識を勉強するのだから、

それ以外の知識は要りません。除外すればいいのです。

 

目的意識をもって学ばないと、

ノウハウコレクターになってしまう危険性があります。

知識欲が強い人は特に気を付ける点です。

 

「頑張って勉強します!」と言う人もいます。

頑張って勉強することはいいことなので、^^

決してそのことを否定するつもりはありませんが、

 

勉強することや頑張ること、つまり、

「知識」や「行動」が目的になってはいけません。

それらは成功するための「手段」でしかないのです。

 

「頑張ること」が目的になってしまうと、

「頑張ること」で目標が達成してしまいます。

「頑張ったけど、ダメだった」では夢は叶えられません!

 

成功するためには「何が必要で、何が必要ではないか?」

「今していることは本当に必要なことなのか?」

を常に意識することが重要です。

 

 

成功する人としない人の違いは何?

世の中の「一握り」に入る方法!

 

まとめ

 

成功できる人の特徴

 

1. すぐに行動する

2.完璧を求めない

3.目的志向

 

以上、今回は、成功する人としない人の違いについて

お話ししました。

 

動くか動かないかは、あなた次第です。

あなたの代わりに誰もあなたの行く道は決めてくれません。

自分で決めて、自分で全ての責任を取るのです。

 

さて…

 

覚悟が決まったら…

 

あなたも「成功者」になりませんか?

 

 

室町諭

 

 

関連記事の紹介

 

*成功するための関連記事です、

よかったら、参考にしてください↓

成功体験がない人生は将来が不安?人生を成功するために大切なこと

 

*「夢を叶える手帳」は自分で作れます!

あなたの夢を叶えるための強力な手帳の作り方です↓

夢を叶える手帳の書き方「なりたい自分」になる方法