将来の夢は「職業」に限定してはダメ?!夢を叶えるたった2つの方法

将来の夢は「職業」に限定してはダメ?!夢を叶えるたった2つの方法

あなたの将来の夢は何ですか?

「将来」なんてと言うと、比較的年齢の若い人への質問かとも思いますが、

「将来」や「夢」に年齢は関係ありませんよね。

 

人は生きている以上は、欲望は持っているものです。

もちろん、「欲望」を持つことは悪い事ではありません。

いくつであろうと、「こうなりたい」や「こんなことがしたい」はあるはずですし、

「欲」や「夢」は生きる活力になります。

 

「欲」や「夢」をたくさん持っていると人生が充実しそうですね^^

 

 

スポンサーリンク



 

 

将来の夢は「職業」に限定してはダメ?!

夢を叶えるたった2つの方法

 

「夢」=「職業」という不自然なこと

 

 

最初の質問、「あなたの将来の夢はなにですか?」と聞くと、

子供や学生の答えで圧倒的に多いのが、やってみたい「職業」です。

そんなことからも、日本人の勤勉さが感じられます。

 

だけど、「職業=生活していくためのお金儲けの手段」ですよね。

もちろん、それだけではなく、職業自体が自分の好きなことや

なりたい自分だという人もいるのは確かです。

 

例えば、スポーツ選手や職人の人など、夢を追いかけて続けているうちに、

それが天職になっていたという人もいます。

それはそれで素晴らしい事で、自分の好きなことを仕事に出来るということは、

幸せなことですよね。

 

だけど、全ての人が自分の理想の仕事に就けるとは限りません。

現実はむしろその逆で、生活の手段としての仕事に就いている人のほうが

多いのではないでしょうか?

 

子供や学生の頃に「夢=職業」で考えてしまっていると、

大人になって仕事に就き、現実に直面した時に「こんなはずじゃなかった」という

言わば、「ロスト夢」みたいな状態になってしまいます。

 

「将来の夢」=「職業」というのは、

必ずしも全ての人に当てはまるとは言えませんし、

「職業」に限定する必要もありません。

 

「夢」は個人的なものですので、もっと自由な発想からくるものであるはずです。

 

夢を叶える方法について書きました↓

夢を叶えるために仕事を辞めて生活できるの?夢を叶える7つの方法

 

 

スポンサーリンク



 

将来の夢は「職業」に限定してはダメ?!

夢を叶えるたった2つの方法

 

手段としての「職業」

 

 

人が行動するのには目的が必要です。

仕事をするのにも何か目的があって毎日頑張っているはずです。

 

「あんまり今の仕事はやりたくないけど、仕方がないからやっている」

という人でも、「仕方がない」何か理由があるはずです。

「生活するにはお金がいるから働いている」という現実。

だけど、そこには「生活するため」という立派な理由があります。

つまり、仕事は生活のための「手段」になっています。

 

多くの人にとっての仕事は、

「生活のための手段」または「夢を叶えるための手段」でもあります。

 

「夢を叶える職業」に興味のある方はこちらもご覧ください↓

セールスコピーライターの始め方

 

将来の夢は「職業」に限定してはダメ?!

夢を叶えるたった2つの方法

 

「生き方」こそが「夢への扉」

 

 

「自分は将来、こうありたい」という「将来の理想像」を持つことで、

人はそこに近づこうとします。

 

「夢」=「職業」である必要なんて、全くありません。

「夢」は本来、人の欲望です。

「あんなことがしたい」「こんなものが欲しい」でいいのです。

 

夢を叶えるために最も必要なことは、

1.具体的な「夢」を持ち続けること

2.そこに近づこうと行動し続けること

 

この2つです。

そしてそれがこれからの「生き方」になってきます。

 

毎日忙いあなたも「将来の自分」について

少し立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

下の記事も参考にしてください。

 

夢を叶える手帳ってあるんです↓

夢を叶える手帳の書き方「なりたい自分」になる方法

 

自分が成長したい人は↓

成長力を身につけよう!変化は成功への道

 

 

室町諭