人生のステージを上げる方法

人生のステージを上げる方法

あなたは今の自分に満足ですか?

今の環境や人間関係、収入などに満足していますか?

 

「ただ、なんとなく一日が始まって過ぎて行く」

という過ごし方では、

永久に単調で同じような毎日の繰り返しですよね。

まあ、そんな毎日の中でも楽しいことや

やって良かったと思うこともあるでしょう。

 

それで満足な人はそれでもいいと思いますし、

そんな生き方がダメとも思いません。

人の価値観はそれぞれですし、強要するものでもありませんよね。

 

だけどもしあなたが、

何かしら将来の夢みたいなものを持っていて、

少しでもそこに近づきたいと思っているのなら、

 

何かの行動を起こさなければ、

なかなかチャンスは向こうからは来てくれないものです。

 

今回はあなたが

自分の夢に少しでも近づく方法についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク



 

 

人生のステージを上げる方法

 

「今を変える」という意識を持ち続ける

 

学習を日常化する

 

 

例えば、環境が変わるとその環境に合わせるために学習が必要になります。

たとえ環境が変わらなくても

次のステップに前進したりするためにも学習は必要です。

 

つまり、夢に近づきたかったら、

多かれ少なかれ何かしらの「学習」は必要ということです。

 

学習することが最初は辛い人もいるでしょう。

でもやがて学習が習慣になり日常になってくると、

あまり苦にならなくなってくるものです。

 

ポイントは習慣化するということです。

「それが当たり前」になってくると、

学習しなかった頃の自分とは明らかに成長した自分が

そこにいるはずです。

 

情報に気付けるか?

 

 

学習が習慣になると意識も変わってくるものです。

常に情報がないかアンテナを張り、

新しい情報への「気付き」ができるようになります。

 

あなたが成長するための情報はいろいろなところにあるものです。

ただ、そのことを意識していなければ、気付かないで通り過ぎてしまうのです。

実は多くの人がチャンスに気付かないのです。

成長できる人とできない人の差は、「意識の差」「気付き」の差でもあります。

 

今の自分の実力を把握し、実直に目標を目指していれば、

自分にとって役に立つ情報やいい影響を与えてくれる人に出会った時、

気付くことが出来るはずです。

 

また自分も学習する環境を作り出すことで、

そういうチャンスが寄ってくることもあります。

 

チャンスを自らつかむ

 

 

チャンスが寄ってくることもあるのですが、

待っているだけでは、向こうからは来てくれることは少ないものです。

 

自分が成長したいと心から願うのであれば、行動できるはず!

自ら動いてみることも必要です。

良い情報や情報を持っている人に自分からアプローチをしましょう。

 

Webで検索してみたり、情報がある場所やイベントに

出かけてみたりするのもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

勇気ある行動の向こう側

 

 

人は変わることをあまり好みません。

いつもと違うことをすると

「何か気持ちが悪い」と思う人もいるでしょう。

 

反対に毎日の行動をルーティーンにすると、

何故か安心しますよね。

いちいち考えなくて済むので楽に感じます。

 

あなたも朝起きてする行動はルーティーンになっていませんか?

毎日出勤で電車に乗る人はほぼ無意識に同じドアのところに乗りませんか?

そうすると考えなくていいので楽ですよね。

 

だけど、ステージを上げるということは、自分が変わるということです。

自分が変わるためには

今までのルーティーンを打ち砕く必要があるかもしれません。

それなりの覚悟や行動力が必要になります。

 

また、自分が変わると必然的に周りも変わります。

今の会社、生活環境、仲の良い友人、全てが変わることもあります。

 

例えば、

想像してみてください。

現在のあなたの親しい人を5人思い浮かべてみてください。

……

思い浮かんだでしょうか?

 

その5人の平均が今のあなたではないですか?

… どうでしょうか?

当っていますか?

もし当たっているのなら、

あなたが変われば、当然その5人の何人かは

違う人になる可能性があるということです。

 

5人の平均についてはこちらの記事もどうぞ↓

なりたい自分の探し方。今の自分を知ってなりたい自分になる方法

 

あなたが変化すると周りの環境も変化するのが自然なことです。

そのことを知った上でステージを上げる行動を起こさなければなりません。

変化を恐れない勇気が必要です。

時には去る者を追わない勇気も必要なのです。

 

その勇気ある行動の向こう側には、

まだ今のあなたが知らない景色が広がっているはずです。

さあ、自分をチェンジしましょう!

 

 

室町諭