仕事が遅い人や行動が遅い人の特徴!できる人になるための方法とは?

仕事が遅い人や行動が遅い人の特徴!できる人になるための方法とは?

こんにちは、室町諭です。

 

日常生活でも仕事でも行動が遅い人っていますよね。

遅くてもそれなりに行動し始めるのなら、まだいいですが、

考えた末に諦めてしまって、行動しない人もいます。

 

自分の目標を達成しようと思うなら、

一刻も早く行動し始めなければいけないのに、

考えるだけで、怖気づいて足踏みしてしまうのは、

貴重な時間を費やしてしまうのですから、

あまりにももったいないです。

 

「タイムイズマネー」というくらいなので、

人生の貴重な時間を有効に使うためにも、

行動が遅い人の特徴を把握して、

それを反面教師にして、早く行動できるようにしていきましょう。

 

スポンサーリンク



 

仕事が遅い人や行動が遅い人の特徴!

できる人になるための方法とは?

 

行動が遅い人の特徴

 

行動が遅い人の特徴を列記していきます。

 

1.話が長い

 

行動が遅い人は話が要領を得ず、やたらと長くなる傾向があります。

物事が整理できていないので、順序立てて論理的な会話ができません。

仕事の電話でも長話の人っていますよね。

そういう人は、会話だけでなく初めてする仕事で自ら行動する時も

どうしたらいいのか分からず考え込んでしまいます。

 

2.今やらなくていい仕事をする

 

仕事の優先順位が分かっていないので、

今やるべき事を後回しにして、いつやってもいいような事を

時間をかけて一生懸命やってしまいます。

時間の上手な使い方はこちらの記事をご覧ください。↓

時間を節約する方法はある?人生を成功させる時間の作り方5ステップ

 

3.先送りにする

 

2とは逆のことですが、先に処理しておいたほうがいい仕事でも、

少しややこしかったり、自分が気が乗らな掛かったりすると、

その仕事を先送りにする人がいます。

もしその仕事が大切なお客様に関係することだと、

クレームになってしまうかもしれません。

 

4.探し物をよくする

 

行動が遅い人は、

自分の机の周りなどの整理整頓が日頃からできていないので、

必要なものがどこにあるか把握できていません。

そのため、今必要なものをよく探します。

まさに、時間の無駄ですよね。

 

5.あれこれ考えすぎる

 

行動が遅い人には、性格上、あれこれ考えすぎてしまう人がいます。

「石橋を叩いて渡る」タイプの人です。

中には叩いても渡らない人もいます。

ノウハウコレクターと呼ばれる人たちもそういう人です。

いくら時間をかけて考え抜いても、

行動しなければ目標にはたどり着けません。

 

6.忙しいアピールをする

 

「忙しくて、他の仕事ができない」みたいなことを言う人は、

その会社がよほどのオーバーワークでない限りは、

仕事の処理能力が低い人で、行動も遅い人です。

 

スポンサーリンク



 

仕事が遅い人や行動が遅い人の特徴!

できる人になるための方法とは?

 

行動が早い人の特徴

 

1.今かたずけられる事はすぐにする

 

行動が早い人は、すぐに片付く仕事はその場で処理してしまいます。

簡単な仕事は後に溜めておくようなことはしません。

その分、時間が作れるので、他の仕事の時間にゆとりが出てきます。

 

2.ゴールを決める

 

行動が早い人は、具体的にゴールにたどり着くための戦略を立てて、

すぐに計画通りに行動します。

失敗してもそれを経験値にして、

決して諦めずに、失敗を修正してまたチャレンジします。

 

以上、行動が遅い人と早い人の特徴を見てきましたが、

行動が遅い人は、行動ができない言い訳を考えます。

「忙しい」「他の仕事をやっているから、終わったらする」など、

言いようはいろいろあります。

だけど、それは言い訳です。そんなこと言っている暇があったら、

考える前に行動しましょう。

失敗したら、修正すればいいのです。

 

 

室町諭

 

スポンサーリンク