人間関係に疲れたら「2.6.2.の法則」を思い出して楽になろう

人間関係に疲れたら「2.6.2.の法則」を思い出して楽になろう

こんにちは。室町諭です。

 

世の中には普通に生活していると気付かないいろいろな法則があります。

その法則を知っておくといろいろと便利なこともあります。

 

その中で、今回は「仕事」と「人間関係」に使える法則を紹介します。

 

みなさんは「2.6.2」の法則をご存知でしょうか?

「2:8」の法則とも言われます。

 

スポンサーリンク



人間関係に疲れたら

「2.6.2.の法則」を思い出して楽になろう

2:8の法則(パレートの法則)とは

・イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートが発見した法則

・「経済活動において全体の数値の大部分は、

全体を構成する一部の要素が生み出している」

という説で「80:20の法則」「2:8」の法則と呼ばれる。

 

分かりづらいと思うので、もう少し具体的に説明します。

 

アリが100匹いたとしたら、その100匹のアリのうちよく働くアリは

おおよそ2割ぐらいで、あとの80匹はさぼりながら働いているか、

その80匹のうちの20匹は全く働きません。

 

この法則はあらゆる経済活動や

世の中のおおよその分布にも当てはまることです。

 

上位2割の富裕層が世の中の富の8割を保有していて、

他の会8割の所得者層で残りの2割の富を取り合っているのです。

厳しい現実ですよね。

 

人間関係に疲れたら

「2.6.2.の法則」を思い出して楽になろう

 

[2.6.2.」の法則と仕事

 

・世の中の売り上げの8割は、

世の中にある会社のうちの2割の会社が生み出している。

 

・会社の売り上げのの8割は、

全体の従業員のうちの2割の従業員が生みだしている。

 

・仕事の成果の8割は、

その仕事に費やした時間の2割の時間で生み出している。

 

などです。

これらを利用すると仕事を効率化するのに役に立ちそうですね。

 

ただ、注意しなければならないことは、

「2:8」または「2.6.2」の法則はあくまでおおよその分布だということです。

どういうことかと言いますと、

 

例えば、

「会社の売り上げの8割は、

全体の従業員のうちの2割の従業員が生みだしている」

という事実ですが、

じゃあ2割以外の8割の従業員に退社してもらったら効率がいいのか?

というと、そうではありません。

 

仮に8割の従業員に会社を辞めてもらったとしたら、

残った2割の従業員のなかで、また2:8の分布が起こってしまうのです。

それに、8割も社員が辞めたら、

現実的に会社は回らなくなりますよね。

 

つまり、8割の従業員は2割の従業員を作るために必要な構成要素なのです。

会社は2割の従業員がスムーズに収益を上げられるように

環境を整えるように心がければ、上手くいきます。

 

スポンサーリンク




人間関係に疲れたら

「2.6.2.の法則」を思い出して楽になろう

 

「2.6.2]の法則と人間関係

 

人間関係を「2.6.2]の法則に当てはめると、

例えば、会社や周りの人で仲のいいひとは全体の2割ぐらいで、

まあまあ知り合いというぐらいの人が6割、

反対にあまり気が合わない、

好きではないという人が2割ぐらいいるということになります。

 

世の中の法則は絶対です。

これは逆らえないことなのです。

 

つまり、気が合わない人を論破などして言うことを聞かせようとしても

あまり意味がないのです。

またほかに気が合わない人が出てきます。

これは世の中の法則なのです。

 

法則には逆らえませんよね。

では、どうすればいいのでしょうか?

 

気が合わない人や、あなたを否定する人がいることは

仕方がないことなのです。

そういう人の人格を認めつつ、

あなたを否定する人をなるべく遠ざけましょう。

 

そして、ストレスが溜まるといけないので、その人のことを考えないように

自分の趣味の時間を増やしたり、

気の合う人と一緒にいる時間を多く持つように心がけましょう。

 

そういう法則があるということを理解し、受け入れることができれば、

少し気が楽になって、対処できるかもしれませんね。

 

室町諭

スポンサーリンク