転職したいけどろくな会社がない!後で後悔しない為の会社の探し方

転職したいけどろくな会社がない!後で後悔しない為の会社の探し方

こんにちは。室町諭です。

 

あなたは「転職したい」と思ったことはありますか?

そう思った理由は人によって様々あると思いますが、

「よし、転職活動するぞ!」と思って、

いざ活動を始めたり、会社を探したりしても、

あまりいい会社はすぐには見つからないことが多いと思います。

 

実際、「転職活動しているが、ろくな会社がない」「今の会社よりも待遇が下がる」

などの声をよく聞きます。

そこで今回は、できるだけ自分の希望に近い会社を見つける方法と、

ブラック企業に転職しない為の方法を解説します。

スポンサーリンク



 

転職したいけどろくな会社がない!

後で後悔しない為の会社の探し方

 

居住地で変わる転職事情

 

転職をしようと思っても、住んでいる場所で仕事が限られてくる場合があります。

当然のことですが、地方や田舎は都心部に比べて

職種もかぎられ、求人自体も少なくなります。

 

田舎は生活するには都会に比べて、お金はあまりかかりませんが、

会社の給料は全体的に低い傾向にあります。

 

また、規模が小さい会社が多く同族経営の会社も多い為、

雇用規約などが整っていない会社もあります。

田舎で仕事を探す人はその辺も十分に注意して探してください。

 

一方、都会の求人は、これから新事業などを展開していくような会社もあり、

その気になって探しさえすれば、希望に近い会社は見つかる可能性は高くなります。

 

都会で転職活動をしていてなかなかいい転職先が見つからない人は、

探し方が消極的か間違っているか、もしくは理想が高すぎるからかもしれません。

 

でも、よく考えてみてください。

はたして、今自分のしたい仕事につけている人は

世の中にどれほどいるのでしょうか?

 

そりゃあ、なかには、「好きなこと」を仕事にできている人もいます。

「好きこそ、ものの上手なれ」と昔から言いますので、

そういう人は仕事も順調にいくケースが多いと思います。

 

ただ、たとえ好きなことがあっても、それでは生活していけない人や、

好きな仕事が見つからない人のほうが多いのではないでしょうか?

 

ぼくも同業職、独立含めて6回転職した経験がありますが、

転職活動するたびに「いい会社がない」と思っていました。

でも、それは今から考えると「理想が高すぎた」ような気がしています。

 

だからと言って、自分の理想や希望を曲げる必要はありません。

理想や希望はしっかりと持って、少しでもそれに近い転職先を探しましょう。

 

転職したいけどろくな会社がない!

後で後悔しない為の会社の探し方

 

起業するのも1つの選択肢

 

本当に自分の理想の仕事をしたいのなら、

1つの選択肢として、「独立起業」という方法があります。

これなら、大変な転職活動をする必要もありません。

 

なんて言いましたが、実際は、起業して食べていくということは、

転職よりも何倍も大変なことです。

起業すると苦労はしますが、やりがいはあります。

なにせ、自分のすることが全て自分の責任であり、

全てが自分の人生にのしかかってきます。

 

そんなに重いのはイヤ!という人は、転職を選びましょう。

 

独立起業、転職、どちらを選ぶにしても、

キャリアを積んでスキルを身につけておいたほうが有利なのは事実です。

なるべく、次の仕事へのキャリアアップ、報酬アップの為に、

自分磨きをしておくことが大切です。

 

スポンサーリンク



 

転職したいけどろくな会社がない!

後で後悔しない為の会社の探し方

 

ブラック企業の見分け方

 

ここで、転職に失敗しない為にも、

ブラック企業の見分け方を書いておきます。

 

ここで書くような会社が全てブラック企業とは一概には言えませんが、

なるべく怪しい会社は避けて通りましょう。

 

・企業の評判を下調べする

 

まず、最初にすることは、「転職会議」などで、

企業の評判を下調べしましょう。

面接などでは分からない生の社員の声が聞けたりします。

「転職会議」はこちらです。↓

転職会議

・常に募集している会社

常に社員を募集している会社は、他人の入れ替わりが激しい会社が多いです。

つまり、何か会社に問題があって辞める人が多いのです。

そういう会社はブラック企業の可能性があります。

 

・給料が高すぎる

給料が高すぎたり、給料の差が激しい会社は、

ノルマが厳しかったり、収益を上げた人だけに高い給料を出す傾向があります。

とんでもないノルマを課してきたりします。

 

・深夜でも窓が明るい

深夜まで仕事をしている会社は、

残業しても残業代を付けないサービス残業などを強いる会社の可能性が高いです。

実際ぼくの行っていた会社もこの手の会社でした。

まあ、「ブラック」とまでは言えない会社でしたが…。

 

・「アットホームな会社」「即戦力求む」

「君の頑張りを期待している」をうたう会社

 

「アットホームな会社」ということは、家族経営的な会社が多く、

言い換えれば、社長がワンマンです。

この手の会社は、

経営能力の有無にかかわらず自分の息子に会社を継がせようとします。

それと、何事も社長の一存で決まるので、社員の待遇もまちまちです。

 

「即戦力求む」をうたう会社は、正に即戦力が欲しいのでしょう。

そりゃあ、どこの会社も即戦力は欲しいものですよね。

でも、これを前面に出してうたっているという事は、

「うちは人を育てられません」と言っているということです。

このような会社に行ってもあなたのキャリアは積めません。

 

「君の頑張りを期待している」など、やたらと精神論を強調する会社は

ブラックの可能性が高いです。

頑張るのは当たり前で、みんな頑張ります。

ただ問題なのは、その方法であり、戦略です。

その部分を決めずして成果は上がりません。

こういう会社は、社員が一日頑張ったけど売れないで帰ってくると、

「売れるまで帰ってくるな」という会社です。

 

以上、転職したいけどろくな会社がないとお嘆きのあなたに

後で後悔しない為の会社の探し方についてお話ししました。

 

少しでも参考になれば、幸いです。

 

室町諭

 

スポンサーリンク




 

*転職活動をしようとしている人は下の記事を参考にしてください。

⇒転職を決意した瞬間!知らないと損する転職の絶好のタイミング!