日本の社会人は先進国で一番勉強しない!生涯学習、自己投資の時代

日本の社会人は先進国で一番勉強しない!生涯学習、自己投資の時代

こんにちは、室町諭です。

 

 

今回は、日本人は会社員になってからあまり勉強しないという事実と、

生涯学習をする重要性についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク



 

日本の社会人は先進国で一番勉強しない!

生涯学習、自己投資の時代

 

ぼくはバブル時代を経験した世代です。

バブル時代は、仕事は売り手市場で、いくらでも就職口がありました。

 

自分の将来の目標があるのかないのかは

人それぞれだったでしょうが、

未来に不安や危機感を持っていた人は少なかったように思います。

 

この時代を経験した社会人はぼくも含めて、

会社員になってから勉強しない人が多い気がします。

 

ぼく自身も、

学生時代=勉強する時期、遊ぶ時期

社会人=働く時期(勉強はほぼ不要)

というふうに考えていました。

 

会社に就職したら、働いていれば給料がもらえて生活していける。

それだけで十分などと思っていました。

今から考えたら、問題意識が欠如していたというか、

とにかく恥ずかしい話です。

 

 

スポンサーリンク



 

日本の社会人は先進国で一番勉強しない!

生涯学習、自己投資の時代

 

自ら学ぶ姿勢が大切

 

人は追い込まれないと行動しない生き物です。

ついつい楽なほうを選びます。

バブル時代は「楽して給料がもらえる時代」に

甘えていたのかもしれません。

 

ただ、そんな時代はとっくの昔に過ぎ去り、

進化しないことは衰退を意味し、

多くの企業が淘汰される時代になりました。

そんな時代の中で、個人においても

学習し進化できる人が生き残るのは自然なことと思います。

 

リクルートが調査した社会人の「自主的」な学習の実態を見ると、

過半数以上の人(67.3%)が自主的な学習をしていないことが分かります。

社会人の「自主的な学習」の実態|リクルートマネジメントソリューションズ

 

このままでは、日本の経済は危機的な状況になると思うのは

ぼくだけでしょうか?

日本は長時間労働などで、学習できる時間が少なかったり、

学習したりスキルを身につけても、

そのこと自体を評価する会社は少ないように思います。

学べる環境づくりを会社や社会全体でやっていく必要があります。

 

だからと言って、「誰かがするだろう」

「会社が環境づくりをしないから自分は学べない」などと、

自分が学ばない理由を他人や会社、社会のせいにしてはいけません。

 

自分自身に「学ぶ姿勢」があれば時間は案外作れるものです。

ブラック企業などに務めている人は難しいのかもしれませんが、

今学習していない人のほとんどが

最初から、「学習」を拒否しているのではないでしょうか?

心当たりのある人は、少し考えてみてください。

今自分が置かれた環境の中でも学ぶことができるはずです。

 

ただ単に「学習」と言っても

机上の勉強だけではなく、仕事を通してや日常生活で得られる学びもあります。

ボーっとする何も考えないニュートラルな時間も

たまには必要とは思いますが、

日頃から常に「学ぶ姿勢」を持ち続けることで、

人生は大きく変わります。

 

日本の社会人は先進国で一番勉強しない!

生涯学習、自己投資の時代

 

 

生涯学習の時代

 

日本のサラリーマンは先進国一学んでいないという統計があります。

参考サイトはこちらをご覧ください。↓

大人の学び|NewsPicks

 

「学べる」社会環境づくりはともかくとして、

自己投資をする時代は確実に来ています。

とはいうものの、日本のサラリーマンで

実際に「学習」している人はまだ少数派です。

 

学習→仕事→学習→仕事の循環を意識して作ることが、

キャリアアップ、自己実現への道になります。

 

「学習」は学生だけのものではありません。

人間である以上、生涯を通して「学習」は関わっていくものです。

意欲的に取り組んだ人だけに

「自己実現」というご褒美が待っているのです。

 

室町諭

 

スポンサーリンク




 

*こちらの記事も参考にしてください。↓

仕事でポジティブ思考は有効な考え方?特徴とネガティブ思考を考える

仕事ができる人とできない人の違いとは?違いを知ってできる人になる

 

*セールスコピーライターに興味のある方は

こちらの記事を参考にしてください。↓

セールスコピーライターの始め方