今までとは違う生活様式を健康に過ごす方法

今までとは違う生活様式を健康に過ごす方法

行動の自粛、マスク着用、ステイホーム、などなど、

私たちは今までとは違う新しい生活を強いられるようになりました。

慣れない生活パターンや意図しない習慣が続くと、

それだけでストレスが溜まりがちになります。

 

しかし、そんな世の中でも下を向いてばかりいる訳にはいきません。

今の世の中にあった健康体対策を取り、健やかに過ごしましょう。

ここでは、夏に気を付けるべきことや対策方法をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

新しい生活における夏に気を付けること

 

マスクのトラブル

 

 

・マスクの中は温度が上がり熱中症になりやすい

 

真夏の高温多湿下でのマスクの着用は、呼吸が早くなり心拍数が上昇します。

また血中の二酸化炭素濃度や体感温度も上昇し熱中症のリスクが高くなります。

屋外でのそういった環境下では、マスクの装着はかえって危険です。

人の距離を2m以上取ってマスクを外しましょう。

 

・マスクの中は蒸れやすく肌トラブルの可能性がある

 

マスクを着用していると、

その下は「まあお肌ケアはいいか…」となりがちですよね。

特に女性の方は「化粧の手間が省ける」

みたいに思う人もいるようです。

 

しかし実際は、マスクの下は蒸れやすいため、肌が敏感になり、

荒れやすくなります。

特に夏場の長時間のマスク着用は、洗顔などのスキンケアが

いつも以上に必要になります。

 

・マスクの形に日焼けするかも

 

長時間マスクを着用して外出していると、

知らないうちにマスクの形に日焼けする可能性もあります。

日傘や日焼け止めの対策を取りましょう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

熱中症の危険

 

・喉が渇かなくても、水分不足の危険がある

 

 

喉が渇いていないと、水分補給しなくても大丈夫と思いがちですが、

特に夏場は汗や体の表面からの水分蒸発で、

体の水分は失われていきます。

 

喉が渇いていなくても、

意識してこまめに水分補給をすることが大切です。

1日、約1.2リットルの水分補給が理想とされています。

 

・部屋の中でも熱中症になる可能性がある

 

 

部屋の中にいるからといってクーラーを点けないでいると、

熱中症になる危険があります。

換気をしていても扇風機を付けるなどをして、

クーラーも上手に活用して体温調節をしましょう。

もちろん、部屋に居ても水分補給も忘れずにしましょう。

 

新しい生活の中で健康のためにできること

 

 

いつもより栄養バランスに気を付ける

 

暑くて家に閉じこもりがちで、食欲も落ち込みがちだと、

ついつい冷たいものばかり食べてしまうことが多くなります。

暑いからと言ってあまり体を冷やしすぎるのはよくありませんので、

少し暖かいものも取るようにしましょう。

もちろん、夏バテしやすい季節なので、

しないように栄養バランスに気を配りながら食事を取るようにしましょう。

 

軽い運動をして汗をかく

 

暑い日中は避けて早朝や夕方にウォーキングなどの軽い運動をして、

いい汗をかきましょう。

ただし、運動は長く続けられることが大切なので、

自分にとって無理がない程度の負荷がかかるものにしましょう。

ジョギングがキツイのなら散歩だけでもいいでしょう。

 

また、あまりにも暑い日は無理に外で運動することは避けましょう。

室内でのストレッチや軽く身体を動かすだけでも良い運動になります。

 

美味しいもので気晴らし

 

 

「酷暑でマスク」のような抑圧された気分の生活が続く中、

少し気晴らしに美味しいものを食べるのはいかがでしょうか?

こんな世情もあって、最近ではお取り寄せがいろいろと充実しています。

旅行に行けないのなら、日本全国の美味しいものを取り寄せて

少しだけ行った気分になるのもいいかもしれません。

またそうすることは、旅行客が激減している観光地の手助けにもなります。