プレゼンテーションが苦手でも出来る?売る為のプレゼンを成功させる方法

プレゼンテーションが苦手でも出来る?売る為のプレゼンを成功させる方法

こんにちは、室町諭です。

 

あなたは人前で話をするのは得意なほうですか?

緊張の度合いの強い低いはあるにせよ、

誰でも人前で話をするのは緊張するものです。

 

そのプレッシャーはストレスにはなりますが、

物事を理路整然とやりきるためには、適度なプレッシャーは

かえっていい効果をもたらすこともあります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

プレゼンテーションが苦手でも出来る?

売る為のプレゼンを成功させる方法

 

まず、十分な準備を整えよ

 

 

まず、当然のことを言います。

スピーチやプレゼンテーションは、緊張はしますが、

緊張しながらも乗り切れるかどうかのカギを握るのは、

プレゼン本番までの準備です。

 

あらゆる資料を調べ、証明できる状態を創り上げ、

話の内容を精査し、道筋を作り、

しっかりとした準備をし、何回も練習をした上で臨めば、

自信を持って挑めるはずです。

 

その自信が、プレゼンテーションの成功への大前提になります。

 

プレゼンテーションが苦手でも出来る?

売る為のプレゼンを成功させる方法

 

プレゼンテーションで売れない理由

 

 

 

 

プレゼンテーションで誰でも陥りやすい罠は、

「先生」になってしまうことです。

 

先生はいろいろなことを教えてくれます。

プレゼンターも教えることしかやらなければ、

聞き手は、プレゼンターの言っていることを受け取るだけなので、

「もうお腹いっぱいだから、そろそろ帰ろうか」となってしまいます。

 

売る為のプレゼンテーションをする人は

「先生」(教える人)になってはいけません。

「役者」、つまりエンターテイナーであるべきです。

その理由はこの下の文章を読んでもらえれば分かるはずです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

プレゼンテーションが苦手でも出来る?

売る為のプレゼンを成功させる方法

 

プレゼンテーションを成功させるエンターテイナーになる

 

 

 

1.語ろうとしていることを熱く語る

 

プレゼンターはエンターテイナーでないといけません。

あなたがプレゼンターなら、

あなたが語ろうとしていることを熱く語るのです。

 

あなたの語りに相手が聞き入り、次に何の話が出てくるのか

聞きたくて仕方がなくすることが出来れば、

あなたはエンターテイナーとして、半分成功したと言えるでしょう。

 

2.聞き手に共感してもらう

 

プレゼンターは、聞き手の心情を理解し、

聞き手の共感を得ることが必要です。

 

プレゼンテーションを聞いている聞き手に

何回も「YES」と心の中でつぶやかせるのです。

そうすることで、「この人の言っていることは正解だ」と

思ってもらいやすくなります。

 

「YES]を何回も言い一旦決めた自分の立場を、人は守ろうとします。

その習性を使った営業の方法です↓

営業に有効な一貫性の原理とコミットメントを使う方法

 

3.7分ルール

 

人間の集中力が続くのはせいぜい7分間位で、

7分が過ぎればだんだんと集中力が無くなっていくと言われています。

 

したがって、プレゼンテーションをする時、

聞き手の集中力が薄れて、話に飽きさせないように、

7分程度に1回は冗談を言ったり、質問をしたり、

聞き手に何かをしてもらったりして、

気分転換の機会を与え、集中力をリセットする必要があります。

 

4.まとめをする

 

プレゼンテーションの最後に、話の内容のまとめをすると、

聞き手が話の重要なところをもう一度思い出すことが出来て効果的です。

 

プレゼンテーションが苦手でも出来る?

売る為のプレゼンを成功させる方法

 

 

まとめ

 

ということで、この記事も「まとめ」をします^^

 

プレゼンテーションを成功させるエンターテイナーになる方法

1.語ろうとしていることを熱く語る
2.聞き手に共感してもらう
3.7分ルール
4.まとめをする

 

今回はプレゼンテーションを成功させる方法でしたが、

このことは営業職などにも共通することです。

つまりセールスマンや店員もお客さんの前ではプレゼンターです。

 

プレゼンテーションをする人も、セールスマンや店員も

適度ないい緊張感を持ってお客さんに接することを

常に心掛けることで、いい仕事ができるのではないでしょうか?

 

 

室町諭