会社を大きくする人はどんな人?リーダーに求められる思考とは?

会社を大きくする人はどんな人?リーダーに求められる思考とは?

こんにちは、室町諭です。

 

 

会社を成長させるリーダーとはどんなリーダーでしょう?

 

会社の成長段階には必ずぶつかる壁があります。

その壁を越えて次のレベルへ上がるためには、

今までのやり方を大きく変える必要があります。

会社の成長は組織だけを変えても、

それだけでは上手く機能しないことが多いものです。

会社の成長のキーとなるのは「リーダー自身」です。

今回は会社を成長させる「リーダー」の条件についてお話しします。

 

スポンサーリンク



 

会社を大きくする人はどんな人?

リーダーに求められる思考とは?

 

会社の成長はリーダーの変化から始まる

 

会社を設立し、経営を軌道に乗せることは大変なことです。

会社のリーダーの中には

いい製品やサービスを作り出しすことに全力を注ぐことが、

会社の売り上げに最も大切なことだと思う方もいるでしょう。

そう思うことは自然なことで、

「できるリーダー」ほど製品やサービスの製作に

深く関わっていることが多いのが実状です。

またそういったリーダーは、仕事中毒「ワーカホリック」になっていて、

目の前の売り上げのみをフォーカスする傾向にあります。

実はこういった思考は会社の成長にとっては弊害になります。

 

もしあなたがリーダーで、あなたの会社が伸び悩んでいるなら、

このような状態に陥っていませんか?

 

会社を今の状態から脱却をさせ、次の成長を促すためには、

まずリーダーの思考を変えることが必要です。

「労働型社長」から「経営型社長」へと自己変革を起こすのです。

会社はリーダーの鏡です。

会社を成長させる為には、リーダーが成長する必要があります。

 

スポンサーリンク



 

会社を大きくする人はどんな人?

リーダーに求められる思考とは?

 

リーダーが成長するための4つのキー

 

1.自己成長

会社を成長させるためには、

リーダー自身が成長する必要があります。

「自己成長」とは仕事のスキルの成長にとどまりません。

「肉体」「知性」「社会面」「精神面」「家庭面」

全てにおいて成長する必要があります。

 

2.人を動かす力の成長

会社の全ての仕事は人によって作られ、

会社は人(社員)によって成り立っています。

昨今の、AI化やオートメーション化をしている会社も、

その機会を作っているのは人間です。

言わば、社員は会社にとって最も大切な財産であり、

その社員を動かす力はリーダーにとって必要不可欠なものです。

人を動かす力を養うには、まず「聞く力」と養うことです。

相手の話を注意深く聞き、相手の「言いたい事」「話の趣旨」を

聞き逃したり、間違った解釈をしないようになることが必要です。

 

社長の本棚には必ずと言っていいほど置いてある

「原田メソッド」とは?↓

人生を成功させる秘訣とは?自分を変えて夢を叶える人がしていること

 

3.システムの成長

起業している人なら分かると思いますが、

起業しているということは、

商品やサービスを生み出したり売ったりする時に、

何らかのシステム化をしているはずです。

リーダーとして成長し、会社を同時に成長させるためには、

全ての側面でシステムを構築し、

ビジネスが円滑に進むようにしなければなりません。

 

4.リーダーシップ・経営力の成長

リーダーとは、人々を今いる場所から行きたい場所へと

リードする人のことを言います。

そして、リーダーシップとは、人々をそこに参加させる

動機付けをすることです。

リーダーはこれが出来なければいけません。

経営力とは、戦略的な仕事を組み立てられること、

長期的な戦略、ビジョンを持ち、

結果へとフォーカスできないといけません。

 

リーダーシップ、チーム(組織)をまとめる方法に関しては、

こちらの記事も参考にしてください。↓

チームをまとめる方法!会社の成果を最大化する助け合いの精神とは?

 

会社を大きくする人はどんな人?

リーダーに求められる思考とは?

 

まとめ

 

1.自己成長

2.人を動かす力の成長

3.システムの成長

4.リーダーシップ・経営力の成長

 

リーダーが思考を改め成長すれば、

会社は成長へと向かいます。

リーダー自身が変わらなければ、何も変わりません。

 

参考書籍:

「社長の教科書」ロイス・クルーガー ダイレクト出版

URL: http://dpweb.jp/r10k

 

 

室町諭

 

スポンサーリンク