ヒーターモジュールの暖房器具とオイルヒーターのおすすめポイント

ヒーターモジュールの暖房器具とオイルヒーターのおすすめポイント

この頃少し寒く感じる日も出てきましたね。

そろそろ暖房器具が活躍するシーズンになってきました。

 

だけど、喉が弱い人にとっては、

エアコンやファンヒーターを使うことは恐怖です。

「空気が乾燥して喉が渇く」「加湿器と併用しないと喉が痛い」

など、気を付けていなければいけません。

 

空気の乾燥で喉を傷めたり、そこから風邪をひくこともあります。

 

また、エアコンやファンヒーターは温風で部屋の空気を温めるので、

風でハウスダストがかき混ぜられる為、

喉を傷めたり、風邪をひくリスクがより高くなります。

 

あなたは、部屋をちょうどいい環境にしようとして、

いろいろ暖房器具と加湿器を組み合わせてみたりするものの、

なかなか理想どうりには上手くいかなくて、

「まあ、仕方がないか」と諦めていませんか?

 

そんなあなたに、お勧めな暖房器具が、

ヒーターモジュールを使った暖房器具です。

 

だけど、ヒーターモジュールやオイルヒーターって、

「部屋は十分に暖かくなるの?」

「電気代はどうなの?」

「そもそもヒーターモジュールの暖房器具ってなに?」

などなど、疑問点があると思いますので、

なぜ、お勧めなのかを説明します。

 

ヒーターモジュールの暖房器具を使った時の

あなたのメリット

 

ヒーターモジュールの特徴は、

”空気を乾燥させない、汚さないクリーンな暖房”です。

 

ヒーターモジュールやオイルヒーターはその構造上、

他の暖房器具では得ることが出来ないメリットがあります。

あなたが得られる多くのメリットは下記の通りです。

 

1.肌や目、喉が乾燥しにくい

2.部屋全体が暖かく、冷めにくい

3.空気が奇麗なまま

4.表面安全設計

5.燃料補充の手間がいらない

6.スマートで使いやすいデザイン

 

ここまでは、ヒーターモジュールの暖房器具とオイルヒーターの

共通するメリットです。

さらにヒーターモジュールの暖房器具には

オイルヒーターにはない下記のメリットがあります。

 

7.従来の2倍速く温まります

8.快適な温度にキープできます

9.運転音が静か

10.Wi-Fi接続で屋外からでも管理が可能

 

ヒーターモジュールとオイルヒーター

 

ヒーターモジュールを使った暖房器具は、

モジュールを温めるためオイルは使っていません。

ヒーターモジュールを温めることで

輻射熱と滞留熱を発生させ部屋全体を暖めます。

 

温度調整にも優れていて、

設定温度の±0.5℃の範囲で部屋の温度を安定させます。

 

ただし、十分な効果を得るには環境に条件がある

 

体に良いのは分かるけど、本当に部屋は十分に温まるのか?

電気代がかかるんじゃないの?

などの疑問が残る人もいると思いますが、

 

実はヒーターモジュールの暖房器具で部屋を十分に暖めるには、

その部屋に合った能力のものを選ぶことが大変重要になります。

 

また部屋の環境によっては無理な場合もあります。

例えば、木造の日本家屋のような密閉度が少ない部屋では、

十分な効果が得られないことがあります。

電気代もその条件によってはフル稼働により高くなる場合があります。

 

ただ最近の家屋や密閉度の高いマンションの部屋など、条件が合う部屋で使うのなら、

その効果は、設定温度を下げなければ部屋が暖かすぎるぐらいになります。

輻射熱で部屋全体が暖くなります。

また一度温度が暖められると、壁なども暖かくなるため

冷めにくいという特徴があります。

 

電気代に関しても、部屋の暖まり過ぎで設定温度を下げたり、

自動で保温状態を保つだけのセーブ運転になることで、

電気代が節約されます。

 

まとめ

 

エアコンやファンヒーターを使うと、空気が乾燥して、

「喉が痛い」「目が乾燥する」「肌がカサカサになる」

などのお悩みをお持ちの方には、

ぜひお勧めしたいのが、ヒーターモジュールの暖房器具です。

 

お値段は少ししますが、それだけの価値は十分にあります。

もちろん性能だけでなく、インテリアとしてもオシャレにお部屋に映えます。

 

また、少しリーズナブルなオイルヒーターもありますので、

一度チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 

 

室町諭