サラリーマンと個人事業主のメリットとデメリット!どっちが得なの?

サラリーマンと個人事業主のメリットとデメリット!どっちが得なの?

こんにちは、室町諭です。

 

 

あなたは起業家を目指している人ですか?

それとも、サラリーマンですか?

 

最近、サラリーマンでも副業をしている人や、

起業家を目指している人が増えてきたように思います。

 

 

起業なんて”淡い夢だ!”なんて思っている人もいるとは思いますが、

そうでもありませんよ^^

 

なんて言うと、ぼくがそそのかしているように聞こえますが…^^;

試しに一度「副業」を始めてみてはどうでしょうか?

自分の心の中に何か目覚めるかもしれませんよ。

 

それに、そうすることが

あなたの将来の礎を築くことになるかもしれません。

 

 

そこで今回は、起業するメリットデメリットについてお話しします。

あなたの今後の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

サラリーマンと個人事業主のメリットとデメリット!

どっちが得なの?

 

起業するデメリット

 

1.とにかく信用がない

 

会社に勤めている場合は、例えば、営業に行っても、

”○○会社の△△さん”という扱いになります。

常に会社がバックにあるので、それだけで社会的な信用は得られます。

 

ところが個人事業主は何のバックもありません。

「こいつは何処のどいつなのか?」「言っていることは本当なのか?」

と怪しまれる可能性さえあります。

 

このことはサラリーマンだった多くの人が

独立起業した時に味わう社会の厳しさみたいなものです。

今までいかに会社の恩恵で、

仕事がスムーズにできていたかを思い知らされます。

 

また、取引先などに対してだけでなく、金融機関の信用も低いです。

「給料」という安定収入がない分、投資やローンを組んだりする時には、

不利になるのは間違いない事実です。

 

2.確定申告など本業以外でやることが面倒

 

個人事業主は、帳簿を付けることも、

確定申告することも全て自分でしなければいけません。

メチャクチャ面倒ですが、会計ソフトなどを使ってでもやらないといけません。

 

3.将来の不安

 

もし、副業ではなくサラリーマンを辞めて独立起業する場合は、

個人でやっている場合、将来の不安は常についてまわることになります。

 

事業が順調に伸びていくかということもそうですが、

自分の健康面に関しても不安はついてまわります。

特に個人でやっている場合、自分がもし入院などしたら、

途端に仕事はストップしてしまいます。

 

そうなると入院費はどうするのか?家族は食べていけるのか?

などの不安もありますよね。

その時のための「保険」や「備え」なども検討しておく必要があります。

 

ちなみに余談ですが、成功する人は健康管理をしっかりしています^^

 

 

スポンサーリンク



 

 

サラリーマンと個人事業主のメリットとデメリット!

どっちが得なの?

 

起業するメリット

 

1.仕事のことは全て自分で決められる

 

サラリーマンではないので、

何時に起きて何時から仕事をしようと自由ですし、

全て自分で決められます。

 

なので、何か用事や急用ができた場合などは

時間の融通をつけやすくなります。

 

 

そういう面ではいいのですが一方では、

自分で自分を管理する必要が出てきます。

サラリーマンじゃないので何をしてようが誰も怒ってくれません^^

 

自分の仕事がダイレクトに収入につながりますので、

もし成功したいのなら、ある程度の段階までは、

「自由でゆっくりできる」などとは、真逆の生活になります。

 

まあでも、やりがいはあります!

 

2.収入が増えるとやりがいがある

 

収入が増えていくと、達成感ややりがいを味わえます。

それが次のステップに進む原動力にもなります。

 

3.経費でおとせる

 

個人事業主は、業務に伴って発生した支払いを経費で計上できます。

取引先との会食や、交通費、仕事に必要な物品などです。

これは、結構大きいので節税にもなります。

ただし、プライベートと共通で使う物品などは、

案分率で計上しなければいけません。

 

サラリーマンと個人事業主のメリットとデメリット!

どっちが得なの?

 

 

まとめ

 

これから起業を目指す人は、よっぽど資産があるか

お金を貯金しているのなら別ですが、

まずは、生活するための収入の安定を確保しつつ、

副業からの起業を目指してみてはどうでしょうか?

 

サラリーマンをやりながらの副業の場合、

年間の副収入が20万円までなら確定申告はいりません。

 

副業についてはこちらの記事をご覧ください↓

副業が禁止の会社は多い?サラリーマンが副業をして豊かに暮らす方法

 

会社が副業をオッケーしていることが条件ですが、

サラリーマンをしながらでも事業主にはなれます。

事業主の申請をしたほうが節税などのメリットが大きくなります。

 

また、副収入で、生活を維持していけるだけ稼げるようになってから、

独立起業してもいいのではないでしょうか。

 

 

室町諭