マーケティング戦略の基本的ファクター、ポジショニングの必要性

マーケティング戦略の基本的ファクター、ポジショニングの必要性

こんにちは、室町諭です。

 

今回は、マーケティングの基本的な要素となる「ポジショニング」についてお話しします。

 

自社の商品やサービスの「ポジショニング」をどう決めるかにより、

その後のマーケティングも違ったものになります。

当然、マーケットも変わり、その成否によっては売り上げも大きく影響されます。

マーケティングを進めていく上で、「ポジショニング」は

キーポイントとなる重要なファクターです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マーケティング戦略の基本的ファクター

ポジショニングの必要性

 

ポジショニングとは

 

 

自社の商品やサービスを競合他社と差別化するために、

ターゲットとなる顧客や市場に対して

自社商品やサービスの位置づけを行うことです。

 

つまり、他社とは違う自社商品の強みを顧客や市場に対して

打ち出す活動のことです。

 

というと「ブランディング」によく似ているのですが、

両者はかかる時間が違います。

「ポジショニング」は市場で自社商品が勝てるポジションを決める行為なので、

長期間は必要としませんが、

「ブランディング」は商品、サービス、自社に対する顧客がいだくブランドイメージや

信頼を築き上げ、維持していくことなので、長期的戦略と時間が必要になります。

 

「ブランディング」については、こちらの2記事をご覧ください↓

会社にブランディングは必要なのか?市場で生き残り勝者になるための方法

売り上げはこれで上がる!ブランディングをやらないとえらいことになる?

 

マーケティング戦略の基本的ファクター

ポジショニングの必要性

 

ポジショニングの必要性

 


例えば、スターバックスコーヒーは単に「コーヒー専門店」という

ポジショニングだったら、同じようなポジショニングの競合他社も

わんさかいますし、さほど売れていないでしょう。

だけど実際には、今までの競合他社にはなかった「くつろげる時間とオシャレな空間」

という価値を打ち出すことで成功につながっています。

 

自社の商品やサービスが競合他社と比べてどの位置なのか?

又はどの位置の商品を開発し、自社だけの「強み」を打ち出していくのか?

でマーケティングの次の方向性が決まりますので、

ポジショニングは極めて重要なファクターです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マーケティング戦略の基本的ファクター

ポジショニングの必要性

 

ポジショニングの危険性

 

 

実は、ポジショニングはブランディングと比べると、

先にも述べたように時間はかからないのですが、危険性を含んでいます。

 

それは「他社との差別化」「位置づけ」などは

全て商品から発想される着眼点だからです。

 

分かりきったことを言いますが、商売は顧客から始まります。

買ってくれる人がいてこその商売です。

逆に言えば、いくら自分がいい商品を作ったからと自己満足をしていても、

その商品を欲しい人がいなければ、単なる「自己満足」でしかありません。

 

つまり、自社商品と競合他社の商品のことばかりを考えていると、

最も肝心な顧客のベネフィットが無視されがちになる危険性があります。

もし顧客のベネフィットを考慮に入れずに

ポジショニングを決めるとすると…

売れませんよね。

もちろん、その商品は顧客にとっても必要のない商品です。

 

顧客が本当に何を望んでいるか?何に困っているか?

に確実に応えられるポジショニングが

「他社との差別化」よりも優先することは明らかです。

 

ブランディングにも通じることですが、

消費者が自社に望んでいることは、商品で他社に勝つことではなく、

消費者にとって欲しい商品を提供することです。

そのことを常に忘れてはなりません。

 

 

室町諭

 

*リサーチの必要性について書きました↓

リサーチの重要性とマーケットについて

 

*インフルエンサーマーケティングの有効性についての記事です↓

インフルエンサーマーケティングの有効性と影響力のある人になれる件