未来が変わる!セルフイメージの作り方

未来が変わる!セルフイメージの作り方

あなたは自分のことをどんな人間だと思いますか?

 

自分で自分を冷静かつ正確に分析するのって、難しいですよね。

誰しも自分のことを100%分かっているかと言えば、

分かっていない所もあるのではないでしょうか?

 

本当は心の奥のほうでは分かっていても

それを認めたくないこともあるのかもしれませんね。

 

セルフイメージを高めてマインドセットすることは、

成功へと繋がるとよく言われます。

セルフイメージを高めないないと成功できないのなら

そうするしかないのですが、本当にそうなのでしょうか?

 

またセルフイメージが否定的な人は、

将来にわたって大きく損をする可能性があります。

ただセルフイメージを高めるとそれを回避できることもあるので、

セルフイメージを良くすることは大切なことなのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

セルフイメージとは?

 

セルフイメージとは、自分で自分をどう認識しているか?ということです。

今持っているセルフイメージは、生まれついて持っている性格がベースで、

これまでの人生の経験が積み重なって出来ています。

 

特に子供の頃の経験はセルフイメージの形成に大いに影響を与えます。

子供の頃、絵が上手ければ「僕には絵の才能がある」というセルフイメージが出来ますし、

いじめなど辛い経験をした人は「人生は辛い」「自分は不幸だ」など

マイナスのセルフイメージを作ってしまいます。

 

このようにセルフイメージは外的要因の影響を受けて作られることが多いので、

単なる自分の「思い込み」である場合もあります。

なので、自分で自分のことを正しく認識しているとは限りません。

 

セルフイメージは後から高くなってくる

 

人生でいろいろな経験をしても、

自己意識が高かったり自信過剰でない限りは、

プラスのセルフイメージはなかなか出来ないものですが、

辛い経験などによるマイナスのイメージはすぐに付いてしまいます。

 

そうして出来上がったマイナスのセルフイメージが原因で、

「自分には少し難しいかも?」と思うと、”できない理由”

つまり”言い訳”を探し始めるのです。

 

「すぐに飽きるから自分には出来ない」

「ほかにやることがあるから時間がない」

などなど、

やる前から「できない」と決めつけて、試すこともしません。

 

反対にいいセルフイメージを持っている人は、

”できない理由”を探すのではなく、”どうやったら出来るか”を探すのです。

 

 

ただ、今現在、否定的な思考を持っている人に

「自分に対してプラスのイメージを持ちましょう」と言っても、

そんなに簡単にはプラス思考はできないものです。

 

今の自分のセルフイメージは今まで生きてきた経験の上に作られています。

 

例えば、キャリアのジャンプアップや成功をつかめるチャンスが来たとしても、

良いセルフイメージを持っていない人は、今までの自分の経験から

「自分には出来ない」「まだ、その時ではない」など、

何かと”できない理由”を付けてネガティブに考え、

せっかくのチャンスを逃してしまいます。

 

だけど、

本当は出来るのにやらないだけだとしたら…

本当はそんなネガティブ思考は自分が作り出した

ただの「思い込み」だとしたら…

勿体ないですよね。

 

人生で大きなチャンスはそんなにはないはずです。

だけど、そのチャンスをセルフイメージのせいで逃しているとしたら、

残念ではないですか?

 

セルフイメージは「思い込み」の可能性があります。

行動し新たな経験をすることで、

プラス思考のセルフイメージに変えることが出来、

チャンスをものにすることが出来るかもしれないのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

未来が変わる!セルフイメージの作り方

 

良いセルフイメージの作り方

 

1.他人軸で考えるのではなく、自分軸で考える

 

他人からどう思われるかを意識するのではなく、

自分は何をしたいのか?どうありたいのか?

という観点から考え、それを優先するようにします。

それが、「自分軸で考える」ということです。

 

勘違いしてはいけないのは、自分軸で考えるということは

「自分さえよければ他人のことはどうでもいい」とか

自分中心主義、自分勝手になるということではありません。

 

自分の信念や考え方を持ち、

それに従って行動や決定をすることを言います。

 

 

自分軸で考えることが出来る人は、

「他人は他人、自分は自分」

「自分と他人とは違って当たり前」と認識し、

「自分」というものを分かっているため、

他人の意見に左右されにくいだけではなく、

他人の意見や考え方を否定するのではなく、

尊重することもできます。

 

「自分軸」の考え方はチャンスをゲットするのにも

必要な考え方なので、覚えておいて損はないです。

 

自分軸についてはこちらも参考にしてください↓

なりたい自分の探し方。今の自分を知ってなりたい自分になる方法

 

 

スポンサーリンク



 

 

2.きっかけを作る

 

セルフイメージを良くするためには、環境を変化させるなどの「きっかけ」

を作る必要があります。

 

何かを変えるためには”きっかけ”があったほうがやり易いですよね。

ただ、今自分がいる環境が悪くない限り、

人はその環境をわざわざ変えるという必要性を感じません。

 

それは、わざわざ新しく変えるより今のほうが居心地もいいし楽だからです。

大抵の人は基本「楽」なほうを選びます。変化することを好まないのです。

あなたも今習慣にしていることを急に「変えましょう」と言われたら困りますよね。

 

だけど、セルフイメージを良くするためには、

環境の変化は「きっかけ」になります。

 

そして、もし今自分のセルフイメージがネガティブなものなら、

将来にわたって大きな損をし続ける危険があるのです。

環境を変化させる必要性も出てくるのではないでしょうか?

 

 

もし大きく環境を変えることが出来なければ、

無理にそこまでする必要はありません。

目の前の小さなことから取り組むことが大切です。

 

例えば、「今まで朝起きるのが苦手で、仕事の日以外は遅くまで寝ていたけど、

健康的な生活をするために休みの日でも定時に起きるようにする」とか、

そんな何か小さな変化でいいのです。

 

また、ネガティブな人を遠ざけるようにすることは大変重要です。

自分の周りの人を肯定的な人にしていく努力をしましょう。

 

有名なアメリカの自己啓発作家のジム・ローンがこんなことを言っています。

あなたは最も多くの時間を過ごしている5人の平均である。

 

つまり、今自分が親しくしている人5人の平均が自分自身だということです。

それは、収入、性格、生活水準、趣味、日常など

いろいろなことが含まれます。

あなたも今あなたの親しくしている人5人を思い浮かべて見てください。

なんとなく平均したら自分に近くなりませんか?

 

今の人間関係を全て清算するというわけにはいきませんが、

なるべく自分の為になる人とだけと付き合える環境を作っていくことも必要です。

 

少し変わった?現代社会の症候群の話です↓

人間関係リセット症候群の原因と陥って後悔しない為の対処方法

 

3.小さな成功体験で自分を褒める

 

 

なるべく簡単に達成できる目標を立てて、

その目標を達成出来たら、自分を褒めましょう。

自分にご褒美を上げてもいいですね。

 

そうすることで、小さな達成感と共に自分に自信が出来てきます。

自分に自信が出来ると、「よし、次も頑張ろう」と張り切れるし、

「自分はやれば出来るんだ」というプラス思考のセルフイメージが

出来上がってきます。

大切なのは必達目標を無理なく達成できる低めに設定すること。

成功体験をすることが大切な目的です。

そうすることで、一区切りつけて次に進めます。

 

4.継続する

 

セルフイメージを高めようとして、自分を過大評価してはいけませんが、

「自分はできないんだ」などと過小評価する必要もありません。

正確な「今の自分」を認識することが大切です。

 

その上で、出来る出来ないという判断を簡単にするのではなく、

どうやったら出来るかを考え、目標を達成できている未来の自分を想像し、

それに向かって確実に行動を起こすのです。

 

そして、大切なことは、小さな成功体験を積み重ねて継続させること。

それがやがて大きな成功を生みます。

 

まとめ 根拠のない自信

 

最後に、ちょっとしたヒントを書いておきます。

 

成功者は「根拠のない自信」を持っているものです。

 

「なんか分からないけど、できそうだ」などとよく言います。

その自信は何処からくるのか自分でも分からないのだけど、

なんとなくできる自信がある…みたいな感じです。

 

そして結局、行動し、成し遂げてしまいます。

それこそがいいセルフイメージを持っている効果なのかもしれません。

 

室町諭

 

三日坊主の治し方?↓

三日坊主で自分には無理だ!やる前に結論を出す人でも何かを成し遂げる方法