見込み客が本当に欲しいものを意識すると商売が変わる!

見込み客が本当に欲しいものを意識すると商売が変わる!

こんにちは、室町諭です。

 

あなたの商品、今よりもっとたくさん売りたいですよね?

少しでも売り上げが伸びるのなら、今すぐにでも実施したいと思いませんか?

 

そこで今回は、あなたの商売を良くできるかもしれない方法についてお話しします。

あなたの商売のヒントになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

見込み客が本当に欲しいものを意識すると商売が変わる!

 

あなたの”強み”

 

 

あなたは何を売っていますか?

リンゴやみかんなどの果物ですか?野菜ですか?

家電ですか?家具ですか?

自動車ですか?自転車ですか?

 

どれを売っているとしても、その商品の特徴を売りにすると

見込み客の反応は今一つのものになってしまいます。

 

商品の特徴ではなく、あなたの見込み客が望んでいること、

欲しいもの、したいことなど、見込み客の欲求を満たすことを考え、

それを確実に伝えることが出来れば、反応は非常に良くなります。

 

つまり、あなたが売るべき商品は、

あなたの商品やサービスを使って叶えられる

「見込み客の希望や満足」です。

 

そしてその見込み客が叶えられることは、

あなたの商品やサービスだけが叶えることができることで

なければいけません。

それがあなたの”強み”になります。

 

もし、あなたが他の人と同じようなものを売っているとしたら、

ニッチな見込み客がどうしても欲しくなるような

他者ではできないあなただけのオリジナルな特徴やサービスを付けましょう。

そしてその”強み”をニッチな見込み客にさりげなくアピールするのです。

 

 

何処かでお話ししたかもしれませんが、

スターバックスは何を売っていると思いますか?

……コーヒー?

 

部分的に当ってはいますが、本当はハズレです。

スターバックスはコーヒーだけを売っているのではありません。

 

オシャレで都会的なカフェで、

コーヒーの香りに包まれて過ごす時間や空間を

パッケージして売っているのです。

 

コーヒーだけを売っているのなら、

美味しいコーヒーを売っているお店は他にもありますよね。

だけど、スターバックスはそんなお店よりも流行っています。

 

あなたの”強み”をしっかりと理解し、見込み客に訴求しましょう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

見込み客が本当に欲しいものを意識すると商売が変わる!

 

たくさんある物はたくさん使われる

 

 

日本はご存知のように先進国です。

最近では、日本食なども世界的なブームになりましたね。

日本で何を食べても美味しいですし、

「日本人でよかった」と思えることもしばしばあります。

 

ただ、それだけ飽食の国となったということなので、

食材もいっぱい使われる訳で、

それが残り、その分大量に廃棄され、社会問題にもなっています。

富める国では食材がが廃棄され、貧しい国では食料が足りていません。

 

話は少しそれますが、

飽食の国に生まれた以上は、せめて食べられることに感謝しつつ、

食材を大切にし、料理は残さず綺麗にいただきたいものです。

 

 

飛行機にファーストクラス、ビジネスクラス、

エコノミーがあるのはなぜでしょうか?

どのクラスに乗っても、同じ場所から乗って、着いたら同じ場所です。

なのに、値段が違う。

もちろん、サービスなどの内容が違うのは分かりますが…。

 

だけど現実は、お金をたくさん持っている人は

ファーストクラスを選びますし、

お金があまりない人はエコノミーにします。

 

これらのことから分かることがあります。

それは、「たくさんある物はたくさん使われる」ということです。

 

つまり、商売で当てはめてみると、自分だけの価値観や基準で

商品やサービスの価値、値段を決めつけてはいけないということです。

 

「自分だったらいくら払うなあ」というような自分だけの基準は

商売には役に立ちません。

世の中には、お金持ちもいますし、そうじゃない人もいます。

また欲求も人それぞれ違います。

 

「あなたの見込み客がいくらだったらお金を払うか」ということが

大切になります。

 

同じ目的地の飛行機のチケットに

ファーストクラスのお金を払う人もいるのです。

つまり、その人にとってはファーストクラスに乗ることが価値のあることで、

自分はそれにふさわしい人間だという欲求を満たしたいのです。

 

もっといえば、人は自分の感情を満たすために物やサービスにお金を払います。

そして、その商品やサービスが、その人にとってたいへん価値があり、

尚且つ、その人にお金がたくさんあるのなら、

たとえその商品やサービスが高額であってもその価値にお金を払います。

 

もし、何らかの商品の改良やサービスの追加をすることで、

あなたの商品の価値を高めることができるのならそうすべきです。

 

 

*この記事の内容はこちらの記事の内容と一緒に試してもらえれば、

より効果が出やすくなります↓

営業実績を簡単に上げる方法は人間心理の基づく2つのアプローチが効果的

 

*成功体験についてに記事です↓

成功体験がない人生は将来が不安?人生を成功するために大切なこと

 

*パソコン1台で稼ぐ方法を解説します↓

パソコンだけで生活したい!夢を叶える怪しい?世界

 

 

室町諭

 

 

スポンサーリンク