マーケティングとは?セールスライターが考えるマーケティング

マーケティングとは?セールスライターが考えるマーケティング

こんにちは、

セールスライターの室町諭です。

 

あなたの会社はマーケティング、やっていますか?

優れたマーケティングを行うと顧客がファン化し、

自然と売り上げも伸びていきます。

 

今回はそもそもマーケティングって何?

ということについてお話しします。

 

マーケティングが何なのかより実際のマーケティングの手法と

売り上げを上げる具体的方法を知りたいとお思いだとは思いますが、

何事も基本です。

基本が出来ていて、その本質を理解していれば、

もう半分以上できたようなものです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マーケティングとは?

セールスライターが考えるマーケティング

 

マーケティングってなんだ?

 

 

マーケティングって何でしょう?

ウィキペディアによると、以下のように定義されています。

マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、

「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を

効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、

顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

出典: ウィキペディア、マーケティング

 

売る側からマーケティングというと、

単純に「自社の商品やサービスを売る為に取る市場戦略の活動」や

「儲かる仕組みを作ること」になるのでしょうが、

企業の都合だけで立てられた販売計画では売り上げはなかなか上がらないものです。

 

それはなぜか?

自社の商品やサービスの開発などばかりにフォーカスを当てると、

自社商品にほれ込みすぎるようになり、

顧客の真の”望み”を理解することを軽視する傾向になりがちになるからです。

 

では、真のマーケティングとは何でしょう?

一言で具体的に言い表すと…

「顧客の本当に悩んでいること、若しくは心の底から実現したいことを

理解し、それを実現できる商品やサービスを顧客の目の前に提示すること」

です。

 

フォーカスすべきは顧客です。

かつては物を作れば自然と売れた時代もありましたが、

現代では顧客の求めるものも多種多様で変化し続け、

よりニッチなものに変わってきています。

そんなニッチな要求にこたえられるマーケティングをする企業も

増えてきました。

 

マーケティングとは?

セールスライターが考えるマーケティング

 

「ペルソナ」を想定する

 

 

上に書いたようなことがマーケティングだとすると、

人が望むことはそれぞれ違うので、

全ての顧客の要望には応えられませんよね。

 

なので、たった一人の顧客を想定し、その顧客の要望を叶えられる商品を

提示するということをします。

そのたった一人の顧客が「ペルソナ」です。

 

そこで、ちょっとした不安も出てきますよね。

「ペルソナ」を設定したら、ごく限られた少数の顧客は買ってくれるけど、

大多数の顧客を逃してしまうのでは?という不安です。

でも、それでいいのです。

多くの顧客を逃す代わりに、その要望を持っているごく少数の顧客は

ほぼ確実に買ってくれます。

 

他の顧客に買って欲しい場合はまたその人に向かって別の方法で提示するか、

もしくは他の商品を提示するというのが正解です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マーケットリサーチ(市場調査)

 

 

顧客の求めている物を知る為には、まずは市場調査をします。

いくら「顧客のニッチな欲求に応える」と言っても、

そのニッチな顧客がニッチ過ぎて、市場があまりにも小さすぎては、

市場に参加してもあまり儲けは期待できません。

 

やはり、勝負する市場は競合がいてもある程度大きな市場がいいでしょう。

じゃあどうやって競合に勝つのか?

競合に確実に勝つ方法はこちらの記事をご覧ください。

リサーチの重要性とマーケットについて

 

ブランディング

 

 

ブランディングについてはこちらの記事をご覧ください。

会社のブランディングは必要?市場で生き残り勝者になるための方法

 

マーケティングとは?

セールスライターが考えるマーケティング

 

マーケティングの種類

 

コンテンツマーケティング

 

 

コンテンツマーケティングとは、Webサイトやメンバーサイトなどで、

顧客にとって有益なコンテンツを作りいろいろなメディアで発信します。

それを有意義に利用してもらい、ファンになってもらうことで、

一過性の販売だけでなく、安定した販売システムを構築します。

 

コンテンツマーケティングの優位性は、ロイヤリティを高められるということです。

顧客に自社のファンになってもらえると、自社の商品やサービスだけでなく

企業自体のブランディングにもつながり、他社との競合に勝ち、

激しい価格競争をする必要もなくなります。

 

インフルエンサーマーケティング

 

 

インフルエンサーマーケティングについてはこちらの記事をご覧ください。

インフルエンサーマーケティングの有効性と影響力のある人になれる件

 

オムニチャンネル

 

 

オムニチャンネルとは、店舗、カタログ、メディア、ネットなど

それぞれが連携し、あらゆる場面、場所で顧客との接点をもつという戦略です。

チャンネルを連携させることで、顧客管理も行え、

細やかなサービスを顧客に対して提供できます。

顧客の満足度やロイヤリティを高めることが出来ます。

 

まとめ

 

 

今回は、基本的なマーケティングについてお話ししました。

マーケティングを行う上で最も重要なことは、スピードです。

 

マーケティングは売る為の事前準備のようなものなので、

マーケティングが出来たからと言っても、お金はまだ発生していません。

 

だからと言って、適当にやってしまったり、

何処かで手を抜くと効果がないのでダメですが、

効率を考え、なるべく少ない時間で行い、

実際の販売へ素早くつなげることを意識するといいでしょう。

 

顧客満足度の向上と会社のブランディングの為に、

マーケティングを進めていきましょう。

 

こちらの記事もも参考にしてください。

見える化ものポイント。会社をよくする案

 

 

室町諭