祇園祭観覧席くじ取り式など(2020年はありません)

祇園祭観覧席くじ取り式など(2020年はありません)

コロナの影響により、2020年は祇園祭山鉾巡行と神輿渡御は中止になりました。

よって山鉾巡行の観覧席もありません。

今年は自粛していただいて、また来年心よりお待ちしております。

 

京都では7月1日より1ヶ月に及び、

祇園祭が開催されます。

ここでは、有料観覧席やくじ取り式などの情報をお伝えしています。

 

スポンサーリンク



 

祇園祭観覧席くじ取り式など(2020年はありません)

 

祇園祭有料観覧席(2020年はありません)

 

祇園祭の山鉾巡行の日は有料観覧席が設けられます。

自分の席でゆっくりと絢爛豪華な山鉾が見られます。

一般席のチケットは6月上旬より販売予定です。

 

とりあえず2020年2月6日現在、決まっている内容をお伝えします。

席は「くじ改め観覧席」なども設置されるかもしれませんので、

その辺の詳細は発表され次第お伝えします。

 

前祭巡行(まえまつりじゅんこう)(2020年はありません)

日時 7月17日 午前10時20分頃~11時20分頃

山鉾は午前10時20分頃に寺町御池あたりを通過し、

午前11時20分頃に新町御池を通過する予定です。

席の設置場所 御池通、寺町通から新町通の間
一般席 パンフレット、日除け帽子などが付いています。

1席 3,500円

英語解説付き席 パンフレット、ガイド無線機が付いています。

ガイド無線機は当日渡し、返却が必要です。

英語解説をイヤホンで聞きながら観覧できます。

1席 4,800円

 

後祭巡行(あとまつりじゅんこう)(2020年はありません)

日時 7月24日 午前10時頃
席の設置場所 御池通、寺町通から新町通の間
一般席 パンフレット、日除け帽子などが付いています。

1席 3.500円

 

*有料観覧席は夏の日差しを避けることができません。

京都の夏は盆地で蒸し暑く、不快感も絶頂になります。

くれぐれも、紫外線対策や水分補給などをお忘れなく!

体調に気を付けて、祇園祭をお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク



 

祇園祭観覧席くじ取り式など

 

祇園祭くじ取り式

(2020年はありません)

 

7月2日開催

山鉾巡行(7月17日、7月24日)の順番を決める儀式です。

巡行の順番争いが絶えなかったため、

室町時代から、くじで順番を決めるようになりました。

山鉾の中には、「くじ取らず」と言って、

巡行の順番が固定されているものもあります。

くじ取り式では、その「くじ取らず」以外の山鉾の巡行順を決めます。

 

「くじ取らず」の山鉾と巡行順

 

前祭
長刀鉾(なぎなたほこ) 1番
函谷鉾(かんこほこ) 5番
放火鉾(ほうかほこ) 21番
岩戸山(いわとやま) 22番
船鉾(ふねほこ) 23番 (さきの巡行の最後)
後祭
橋弁慶山(はしべんけいやま) 1番
北観音山(きたかんのんやま) 2番
南観音山(みなみかんのんやま) 6番
大船鉾(おおふねほこ) 10番(巡行の最後)

 

くじ取り式一般公開詳細

 

場所 京都市役所
日時 7月2日10時 約2時間
料金 無料
申し込み、問い合わせ 後日掲載します。

 

祇園祭を深~く知りたい方は、見に行くのもいいのではないでしょうか?

2020年の予定はまだ決定していませんので、

分かり次第お知らせします。

 

写真提供:京都フリー写真素材

 

以上、今回は2020年祇園祭の、有料観覧席、

くじ取り式一般公開についてお伝えしました。

興味のある方は各サイトを確認の上、

暑さ対策を万全にして、

祇園祭のいろいろな行事に参加してみてください。

 

参考サイト↓

【京都市公式】京都観光Navi

 

室町諭

 




*祇園祭の他の記事も参考にしてください。↓

祇園祭はいつ行くべきか?登れる山鉾や限定の御朱印も!見どころ満載

祇園祭の山鉾に西洋のタペストリーがなぜあるのか?歴史の謎と物語