カテゴリー:京都や雑記

1/4ページ

加齢臭の予防と対策。放っておくとあなたの周りに誰もいなくなるかも?

「あなたは臭くないですか?」   自分で自分のにおいというのは分からないことが多いものです。 そのにおいが臭いかどうかも気が付かないことが 多いのではないでしょうか?   「知らないうちに周りに迷惑を掛けていた」 なんてこともあるかもしれません。   自分で気付かずにそのまま放っておくと、 悪臭はますますパワフルになっていきます。   なぜかだんだんと人が自分を避けるようになり、 気が付くと、自分の周りに人が寄り付かなくなってしまうかもしれません。   あなたは、「ふと後ろに振り向くと耳の後ろの臭いがした」 なんて経験、ありませんか? あったら […]

自動車をやめて自転車にしても暮らせる?メリットデメリットから探ってみた

こんにちは、室町諭です。   田舎に暮らしている人のとっては自動車は必須アイテムです。 なんなら一家に一台ではなく、一人に一台ぐらい必要な家もあります。   しかし、都会に暮らしている人にとって、 特に都会のど真ん中に暮らしている人にとっては、 自動車が好きかどうかは別として、必ずしも持っておかなければ 生活できないというアイテムではないことがあります。   むしろ、「レンタカーやカーシェアリングで事足りてしまう」 という人のほうが多いのではないでしょうか? (統計を取ったわけではないので、あくまでぼくの推測です。)   そこで今回は、「思い切って自動車 […]

自分に自信のない人の特徴と自信がもてるようになる自分の価値の見つけ方

こんにちは、室町諭です。     あなたは自分に自信を持っていますか? こういうふうに言うと、「自信がある!」と堂々と言える人は あまりいないのではないでしょうか。   人は他人だけではなく自分に対しても 半信半疑で生きているところがありますよね。 自分のことをあまり信じていない人もおられると思います。   では、「自信」とは何でしょうか? 読んで字のごとく「自分を信じること」です。 つまり、「私は自信がある!」と他人に対してアピールするものではなく、 むしろ他人に対してのこととは関係はなく、 自分が自分自身をできると信じていることです。   […]

成年後見人制度を利用して実感した知っておくべきメリットとデメリット

こんにちは、室町諭です。     最近、いくつか成年後見人の記事を書いています。   うちは、親に成年後見人をつける必要があったので、 実際に家庭裁判所への申立てなどを ぼくが自分でやってみたのですが、意外と簡単にできました。   謄本や住民票などの書類を揃えるのに足を運ぶ必要はありますが、 諸費用を節約したい人は、司法書士などに頼まず、 ご自分で手続きすることをお勧めします。   さて、申立てが受理されてから、1ヶ月半ぐらい経った先日、 成年後見人が選任された手紙が届きました。   後見人はぼく(候補者)ではなく司法書士の人でした。 […]

「名もなき家事」妻のストレスに夫は気付かない?

こんにちは、室町諭です。   仕事と家事を両立するのはなかなか大変なものですよね。 夫婦が共働きの場合は特に、 そうじゃなくて、どちらかが火事に従事している場合でも、 「家事」は大変な労働になります。   家事を分担している夫婦もあるでしょうが、 奥さんがメインで家事を行っている場合、 夫が気付かない、もしくは見て見ぬふりをしている家事は多いものです。   たとえ自分が「やっているつもり」でも、その認識は勘違いで、 奥さんにとっては、ほとんどやっていないととられているようです。 参考サイト↓ 大和ハウス工業株式会社「TRY家コラム」   さて、今回お話し […]

田舎暮らしのメリットとデメリット。夢が叶えられる人はどんな人?

こんにちは、室町諭です。   毎日、仕事に追われ、ストレスがどんどん溜まり、 都会での生活に疲れ果てたりすると、 現実逃避をしたくなるのが人の心理です。 「いっそ田舎に住んでしまいたい」と思う人もいますよね。   ストレスに日々悩まされていない人でも、 自然の好きな人は田舎暮らしをしてみたいと考える人もいると思います。   実はぼくもその一人で、山や自然が好きで、田舎暮らしにあこがれていました。 そこで、実際に長野県の自治体などが行っている 体験ツアーに参加したりして、田舎に暮らすことを検討したこともありました。   現実には、今は田舎暮らしはせず、町に […]

趣味を作るメリットは何?夢中になれるものは必要なのか?

こんにちは、室町諭です。   あなたは何か夢中になれるものを持っていますか? 趣味は広い意味では、自分が興味があって没頭できるものですよね。 なので「仕事が趣味」という人も中にはいます。   仕事は趣味じゃないという人でも、他にこれと言った趣味もなく、 せっかくの休日なのにダラダラ過ごして、また翌日から仕事にいく、 というパターンで週末を過ごしている人は 案外多いのではないでしょうか?   まあダラダラするのが趣味、昼寝が趣味という人がいても、 それを否定するつもりはありませんが、 何か夢中になれることを持つことは、充実した時間を過ごせますし、 生きる活力にもなり […]

1 4