中小企業の経営者が「負けたくない…」と思ったらやってみること

中小企業の経営者が「負けたくない…」と思ったらやってみること

「このままでは、潰れてしまう…」

 

もしあなたが、自営業や中小企業の社長なら

こういった不安や悩みのタネは尽きないのではないでしょうか?

 

それもそのはず。中小企業というのは常に倒産のリスクとの戦いです。

値引きをしないと商品は売れないし、

そうすると頑張っても頑張ってもなかなか利益が出ない。

 

しかし一方で、同じように中小規模のビジネスを展開しながらも

順調に売上を伸ばし、利益を独占している、

いわば「一人勝ち」の会社が存在するのも事実です。

 

彼らはいったい何をやっているのでしょうか?

 

もちろん、中小規模の会社が

大手の会社と同じような戦略でビジネスを展開しても

上手く行くはずがありません。

 

中小企業には中小企業の戦い方があるのです。

それは、、、

不況や競争の激化でも儲かっている小さな会社の戦略とは?

 

小さな会社が生き残るには、“顧客との一対一の関係”が

作れるような方法を活用することです。

つまり”常連客を作る”ということです。

 

「でも、それってどうやってやるの??難しくない??」

と思われるかもしれませんが、

今日ご紹介する常連客を作る上で

大事な3つのキーワードを覚えておけば安心です。

 

それがこちら↓

常連客を生み出すシンプルな公式 

 

 

中小企業の経営者が「負けたくない…」と

思ったらやってみること

 

================

1. 関心の共有を見出す

 

まず必要なのは、関心の共有─あなたの日常と重なる部分─

を見出すことだ。

私が彼らとの間に築きたいのは、人としての関わりだ。

 

だから私は、自分の日常生活や関心のあること、

経験したことやアイデアを分かち合う。

私がどんな人間で、何をしようとしているのかを伝える。

 

すると彼らは、私と関心の共有を見出すことができるのだ。

 

2. 空間の共有を作り出す

 

関心の共有も大事だが、空間の共有も然りであり、

それを成し遂げるのは、あなたが思っている以上に簡単だ。

 

スーパーマーケットを例にあげると、

自社ロゴ入りの保冷トートバッグを買ってもらうのがいい。

 

それを買い物に来る際に持参してもらうのだ。

バッグはパントリーのなかだったり、ドアのそばにぶら下げてあるので、

ふだんからその店で買い物をするよう

かなり強く印象づけることができる。

 

ついでに、他の店に行こうという思いも阻止できる。

 

これが顧客維持の戦略だ。やり方は他にもある…

 

3. 配慮の共有を持つ

 

この方式に用いる最後のピースが配慮の共有だ。

 

他者との関係は、一方通行では育くめない。

あなたは、すべての顧客と見込み客のために、

誠心誠意役に立つつもりでいなければならない。

 

顧客が望む結果に至れるよう、精一杯手を貸さなければならない

顧客は、あなたが金額以上の

配慮をしてくれるものと信じているのだ!

 

したがって、さまざまな形で顧客への配慮を示せば示すほど、

顧客との絆も強くなる。

そして顧客は、より長い期間、

よりしっかりとあなたのビジネスを応援してくれるし、

紹介の頻度もあがるだろう

 

(本書より抜粋…)
================

 

 

常連客でいっぱいになれば、

いつでも安定的な売上や利益を上げることができ、

倒産の不安や恐怖も感じなくて済みます。

 

そして、このように顧客と直接関係を作る方法は、

小回りの効かない大手企業はマネをしたくてもできません。

今日ご紹介した3段階で顧客を維持していく方法は簡単にできますが、

意外とあなたのライバルもやっていないことが

多いのではないでしょうか?

 

「もっとコツを知ってライバルに圧倒的な差をつけたい!」

と思ったならこちらで常連客を作るシステムを丸ごと紹介しているので

ぜひチェックしてみてくださいね^^

ライバルに圧倒的差をつける常連システムの作り方はこちら