売り上げはこれで上がる!ブランディングをやらないとえらいことになる?

売り上げはこれで上がる!ブランディングをやらないとえらいことになる?

こんにちは、室町諭です。

 

あなたの商品、売れてますか?

顧客にあなたやあなたの商品は信頼されていますか?

今回は顧客に信頼され、顧客の満足度のアップにもつながる

「ブランディング」についてお話しします。

 

現在、日本の企業で全ての企業が「ブランディング」をやっているかと言えば、

そうではありません。やっていない企業もあります。

「じゃあブランディングってあえて必要ないんじゃないの?」

と思うのは少々早合点です。

 

あなたやあなたの会社がブランディングをすることによって、

どのような利益が得られるのかを少し考慮した上で

決めてもいいのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

売り上げはこれで上がる!

ブランディングをやらないとえらいことになる?

 

ブランディングとは

 

 

「ブランド」と聞くと思いつくのは、

グッチやビトンなどの高級な「ブランド商品」ですが、

本当は「ブランド」とは高級な商品を示すものではありません。

 

「ブランド」の本当の意味は、

その商品をその商品以外の商品と区別する為の要素のことを言います。

つまり、他社の商品や市場で競合となる商品などからの差別化は

もちろんその要素にはなりますが、

他に、お店のイメージ、企業イメージ、社員のイメージ、

社風、地域など、あらゆるものが含まれます。

 

「ブランディング」とは、その商品の「ブランド」としての地位を

市場で確立させ、認知度を上げ、顧客にとっての信頼や価値を高めていくという

マーケティング戦略の一つです。

 

 

売り上げはこれで上がる!

ブランディングをやらないとえらいことになる?

 

 

 

ブランディングをすることで何を得られるか

 

ブランディングをする側のメリット

 

1.売り上げの安定と利益の増大

 

商品の認知度、信頼度が上がり、顧客の購入欲求が高まるため、

値引きなどのサービスをしなくても商品が売れていきます。

顧客のロイヤリティーが高まると、リピーターの獲得にもなります。

 

他の商品との差別化ができていると市場での地位がはっきりするため、

たとえそれがニッチな商品や市場であっても、

それを求める顧客層には確固たる支持を得られます。

 

2.取引の時、優位に話ができる

 

自社の商品や企業自身にブランディングのよる認知度や地位が

獲得できていると、ブランドによる集客力が見込める為、

新しい店舗の出店時や新しい取引先との交渉時に優位に交渉を進められます。

 

また集客できる客層も絞れるので、

その客層を求めるディベロッパーなどとの交渉には

大きなプラス要素になることは間違いありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

顧客のメリット

 

1.どの会社の商品を選ぶかを迷わずに済む

 

ブランディングは顧客にとっても大きなメリットがあります。

欲しい商品を見つけることが容易になります。

何か欲しいものがあったら、自分のよく買うお店や

お気に入りのブランドの商品があれば、便利ですよね^^

気に入ったブランドなどは、買う前からある程度、

商品の雰囲気なども分かることがあるので、安心感もあります。

 

2.自己満足や優越感の達成

 

商品やブランドの市場での地位が確立できると、

その商品やブランドの価値自体も上げることができます。

それによって、その商品を購入し使う顧客にとっても

自己満足や優越感を得ることができるようになります。

 

3.安定した品質がいつも得られる

 

安心感というと、品質の保証も安心感につながります。

ブランディングができていると、ある一定の品質が保たれるため、

顧客にとっても安心して商品を購入できることになります。

またその安心感やブランドへの信頼が、

リピーターを増やす礎になることは言うまでもありません。

 

 

売り上げはこれで上がる!

ブランディングをやらないとえらいことになる?

 

ブランディングしなかった時のデメリット

 

 

1.売り上げが伸びにくくなる

 

市場に明確な差別化と打ち出しができていないため、

ターゲットになる客層に認識されにくくなります。

その為売り上げが伸びにくくなります。

 

また、顧客に「類似品でも同じようなもの」と思われてしまうと

リピーターにはなってくれません。

そうなると、売り上げも単発な上がり方になり、

長続きしなくなります。

 

2.競合とのし烈な価格競争に巻き込まれる

 

ブランディングをしなかったりブランディングに失敗したりすると、

他の商品や他社商品との差別化が明確でなくなるので、

売り上げが伸び辛くなるのと同時に、

類似商品との生き残りの競争に巻き込まれます。

 

その結果、汗水たらして開発した商品であっても、

努力して仕入れた商品であっても、

その価値を下げざるを得なくなります。

つまり、値引き競争になってしまう可能性があります。

 

 

売り上げはこれで上がる!

ブランディングをやらないとえらいことになる?

 

 

まとめ

 

少し考えると分かるようなことも述べましたが、

ブランディングの重要性がお分かりいただけたでしょうか?

 

あなたがもし、誰かの役に立つ商品を売っているのなら、

その商品をできるだけ多くの人に知ってもらうべきです。

そして、その人たちの役に立つことで、

あなたもその対価としてお金をいただくことができるのです。

 

できるだけ多くの人にいい物を伝えるために、

ブランディングは大変役に立つ方法です。

 

 

室町諭

 

 

下の記事も参考にしてください。

 

*営業に使える人間の行動心理について↓

一貫性の原理とコミットメント。人間の行動心理とビジネスについて

 

*リーダーシップとは?↓

部下がついてくるリーダーになるための条件とは?チームを成功させる秘訣