ブログの文章構成はこれでバッチリ!読者に読んでもらえる方法とは?

ブログの文章構成はこれでバッチリ!読者に読んでもらえる方法とは?

こんにちは、

セールスコピーライターの室町諭です。

 

 

今回は、ブログやWebで文章を書いている方に

参考になることをお伝えしたいと思います。

 

それは、ブログなどの文章の構成方法です。

この方法さえ守って文章を構成すれば、

サイトを訪れた読者にも読みやすく、

最後まで読んでもらえる確率が上がります。

 

基本的なことで、既に知っておられる方もいるかとは思いますが、

そういう方ももう一度基本の復習だと思って、

お読みいただければ、幸いです。

 

また、文章だけでなく、

仕事や会議での「プレゼンテーション」の構成にも使えますので、

参考にしていただければ幸いです。

 

その文章の構成方法とは、「PREP法」と呼ばれています。

 

スポンサーリンク



 

ブログの文章構成はこれでバッチリ!

読者に読んでもらえる方法とは?

 

「PREP法」

1.「Point」文章の結論、要点を述べる。

2.「Reason」最初の「Point」で述べた結論の理由を説明する。

3.「Example」理由を裏付ける具体例を説明する。

4.「Point」文章のまとめとして最初に述べた結論をもう一度述べる。

 

1.「Point」文章の結論、要点を述べる。

 

ブログに初めて訪れた読者は大抵は流し読みをして、

そのサイトに書かれていることが

自分にとって必要なものかどうかを探ろうとします。

 

そこで、ブログが「PREP法」で書いてあると、

冒頭(1.「Point」)を読んだだけで、この記事が

自分の求めているものかどうかが分かります。

 

読者は「この記事はちがう」と判断したら、また違うサイトへ移動します。

つまり、読者にとっては、読む手間を省けるわけです。

記事を書くほうからすると、

興味のある人だけに読んでもらうことができます。

 

「そんなことしたら、読んでくれる人が少なくなるのでは?」

「せっかく書いたのだから、多くの人に読んでもらいたい」

なんて思いますよね^^

 

でも実は、「多くの人に読んでもらいたい」と思って書いた文章は、

かえって逆効果で、読んでもらえる確率が下がります。

文章自体の「質」が下がるとも言えます。

 

「ペルソナ」

 

一人の人に向かって書いた文章は読んでもらえる確立が上がります。

これは「ペルソナ」と言い、

「自分が伝えたいと思う一人の人を創造し、その人に向かって文章を書く」

という方法です。

 

一人に向かって書いた文章は「伝えたい人」の趣味や志向に合った文章になり、

伝えたいことが明確になります。

そうすることで、主張のはっきりとした文章になり、

「伝えたい人」にはしっかりと伝わる文章になりますし、

「伝えたい人」以外の人にも、読みやすく、

かえって、興味を持ってもらえる文章になります。

 

 

スポンサーリンク



 

2.「Reason」最初の「Point」で述べた結論の理由を説明する。

 

さて、最初に結論を言ったあとは、2の「Reason」、理由を説明します。

「なぜ、そうなるのか」「なぜ、そうしなければいけないのか」

「どうやったらそうなるのか」「どうやったらいいのか」などです。

ここではしっかり、理由づけをすることと、

必要なら言っていることの証明をします。

 

証明は「転嫁」「社会的証明」などの方法を使います。

「転嫁」「社会的証明」とは、

社会的に認められている人や著名人の言っている言葉や

研究データなどを借りてきて、

自分の言っていることを裏付けるという方法です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。↓

セールスライターで成功するカギとは?3つの壁を超えると財宝の山!

 

 

3.「Example」理由を裏付ける具体例を説明する。

 

2の「Reason」までは誰でも書くのですが、

3の具体例を上げるのを省く人がいます。

確かに、具体例を上げる作業はかなり面倒ですよね。

Webや本などで探したりしないといけないし、

ぼくもいつも「面倒くさいなあ」と思いながらやっています。

でも、そのたった数分の作業をすることで、

文章の信憑性が格段に上がります。

具体例は、しっかりと調べて書くようにしましょう。

 

4.「Point」文章のまとめとして最初に述べた結論をもう一度述べる。

最後にもう一度、まとめとして「結論」を言うと、

きれいなまとまった文章になります。

 

 

ブログの文章構成はこれでバッチリ!

読者に読んでもらえる方法とは?

 

まとめ

「PREP法」は、読者にとって分かりやすいので、

言いたいことが伝わり、反応率が上がります。

 

以上、今回は記事の構成方法「PREP法」について説明しました。

今後の文章作成などの役に立てれば幸いです。

 

 

室町諭

 

スポンサーリンク




 

*セールスコピーライターについて興味のある方は、

こちらの記事をご覧ください。↓

セールスコピーライターの始め方

 

*「夢」や「目標」を達成する方法については、

こちらの記事をご覧ください。↓

目標を持つことの大切さを理解して何歳でも人生を輝かせる方法